日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

逢坂剛さん<1>「天声人語を書きたい」と言って朝日は不採用

大学入試も第3希望(左は博報堂時代)/(提供写真)

 1987年に「カディスの赤い星」で直木賞を受賞した逢坂剛さんは、広告代理店・博報堂の元社員。受賞後も10年間はサラリーマン生活を続けた。「MOZU」のタイトルでドラマ化、映画化された「百舌の叫ぶ夜」をはじめ、数々のベストセラーを世に送り出している小説家は、はたして、どんな会社員…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事