• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

荒俣宏さん<1>「日魯漁業に入社して1カ月はまだ学生でした」

就職活動開始は遅かった(C)日刊ゲンダイ

 小説「帝都物語」は350万部を超えるベストセラーで、「世界大博物図鑑」はサントリー学芸賞に。作家や翻訳家、博物学者にして妖怪評論家の顔もある。マルチな才能を発揮する荒俣さんは、慶応義塾大学法学部を卒業すると、マルハニチロの前身・日魯漁業に入社する。

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  7. 7

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  10. 10

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

もっと見る