4人に1人「本気で考えた」 自殺願望にどう向き合うべき

公開日:

 成人の4人に1人が自殺願望の経験者――。先日、厚労省からこんな調査結果が発表された。

 昨年10月に男女3000人を調査。「本気で自殺したいと考えたことがある」と答えた人は23.6%に上った。前々回調査の08年から4.5ポイントの増加だ。なぜなのか。「原因の多くは長時間労働が増えたことです」と解説するのは「医療法人社団すずき病院」理事長で精神科医の坂本博子氏だ。

「電通の女性社員の悲劇でも分かるように、日本人は生真面目だから仕事を達成する使命に駆られる。一方、会社は人員を増やせない。1人当たりの割り当てが増えて長時間残業を強いられ、“この苦しみから逃れるには死ぬしかない”と考えてしまうのです。こうした傾向は世界的には日本人と韓国人が顕著です」

 対処法は趣味やサークル活動に参加すること。同好の仲間に自分の境遇を語れば、「会社を辞めたほうがいい」というアドバイスを受け、ハッと気づくことになる。真面目な人は他人に言われないと、辞めるという考えを持てないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る