日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

字を忘れ小説執筆できる? 石原氏“衝撃告白”に素朴な疑問

「残念ながら、全ての字を忘れました。平仮名さえも忘れました」――新事実はこの発言だけだった。20日、豊洲移転問題を検証する都議会百条委に出頭した石原慎太郎元都知事(84)。衝撃の告白が飛び出したのは証人喚問の宣誓直後だった。

 2年前に患った脳梗塞の後遺症として、「利き腕の左腕が使えませんし、字も書けません」と説明。さらに「患部が右側頭頂部だったため、その近くにある『海馬』、記憶を埋蔵している箱の部分が、うまく開きません」と続け、冒頭の告白に至ったのだ。

 この日の人定質問で役職を問われ、あえて「元都知事」ではなく、「作家です」と答えた慎太郎氏。昨年も政敵だった田中角栄元首相の一生をモノローグ形式で描いた「天才」がベストセラーとなり、今年も文芸誌に短編小説を寄稿している。

 ここで素朴な疑問。平仮名さえも忘れた老大家に、果たして小説が書けるのか。本人は「物書きですから、ワードプロセッサーを使って書いてますけど」とも証言したが、利き腕が使えず全ての字を忘れた状態で、まともにキーボードを打てるとは思えない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事