• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

学内関係者もビックリ 法政大「志願者数2位」躍進のナゼ

 今年の大学入試も一段落したが、志願者数のランキングに“異変”が起きていた。「2017年私立大一般入試志願者数ランキング」(別表①)によると、1位は昨年に続き近畿大だったが、2位は、明治大や早稲田大を抜いて法政大がランクイン。

「昨年から10万人を超えて、教授らの間でも『なぜウチ?』と話題になった。大学を挙げて宣伝しているわけでもないですから」(同大関係者)

 一体何が起きたのか?大学通信ゼネラルマネジャーの安田賢治氏がこう言う。

「法政大が2位に入ったのは初めての快挙。受験制度の改革が影響していると思います。昨年は、1回の受験で文系なら最大11学部併願できる『全学部入試』を導入し、今年は、英検など指定の英語外部試験の基準を満たせば、1科目で受験可能な『英語外部試験利用入試』を取り入れました。また、法政大では14年から、六大学で初の女性総長が誕生。女性の視点が入り、学内のバンカライメージが変わりつつあります。早稲田大や明治大も校舎を一新することで女性ウケを狙い、志願者数を増やしました。脱バンカラ効果も大きい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  3. 3

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  4. 4

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  5. 5

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  6. 6

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  7. 7

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  8. 8

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  9. 9

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  10. 10

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

もっと見る