学内関係者もビックリ 法政大「志願者数2位」躍進のナゼ

公開日: 更新日:

 今年の大学入試も一段落したが、志願者数のランキングに“異変”が起きていた。「2017年私立大一般入試志願者数ランキング」(別表①)によると、1位は昨年に続き近畿大だったが、2位は、明治大や早稲田大を抜いて法政大がランクイン。

「昨年から10万人を超えて、教授らの間でも『なぜウチ?』と話題になった。大学を挙げて宣伝しているわけでもないですから」(同大関係者)

 一体何が起きたのか?大学通信ゼネラルマネジャーの安田賢治氏がこう言う。

「法政大が2位に入ったのは初めての快挙。受験制度の改革が影響していると思います。昨年は、1回の受験で文系なら最大11学部併願できる『全学部入試』を導入し、今年は、英検など指定の英語外部試験の基準を満たせば、1科目で受験可能な『英語外部試験利用入試』を取り入れました。また、法政大では14年から、六大学で初の女性総長が誕生。女性の視点が入り、学内のバンカライメージが変わりつつあります。早稲田大や明治大も校舎を一新することで女性ウケを狙い、志願者数を増やしました。脱バンカラ効果も大きい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  2. 2

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  3. 3

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  4. 4

    阿炎“キャバクラ引退届”の謎 錣山親方の暴走に協会も困惑

  5. 5

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  6. 6

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  7. 7

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  8. 8

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  9. 9

    劇的復活Vも問題はここから…照ノ富士「大関復帰」の条件

  10. 10

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

もっと見る