• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

代行業者が事件…「身分保証サービス」の落とし穴と課題

 身寄りのない高齢者の身元保証を代行する「日本ライフ協会」。その元代表理事らが先日、出資法違反で逮捕された。賃貸マンションを更新する際などの身元保証や死亡時の葬儀支援をうたって高齢者から約10億円を集め、その資金を不正に流用していた。同協会は昨年4月に破産手続きを開始しており、ほとんどのお金は戻ってこない。

「高齢者の身元保証は、施設・病院への入所時に9割以上求められる実態があります。そのため、今回のような事件の温床になったり、値段の透明性も疑義が持たれており、そもそも生活保護者など収入の低い方は身元保証すら受けられない実態があります」(終活コンシェルジュ・菊地徳光氏)

 ニュービジネスと言えば聞こえはいいが、身元保証会社は全国で乱立している。なにしろ、600万人の高齢単身者は20年後に750万人以上に増える。菊地氏が指摘するように、現状では老人ホームに入るのにも、入院するのにも、ほとんど「保証人」がいないと受け入れてもらえない。保証人なしでは、どうにも生活できない世の中なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  8. 8

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  9. 9

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る