新人よりタチが悪い “5年目の甘チャン”蘇らせる3つの方法

公開日:

 GWが明けて、職場では研修を受けた新人が配属されるころか。現場を担う上司は新人に期待する一方で、悩みもある。広告会社の人事担当役員が言う。

「ウチは、入社2年目までの社員が全体の2割を占め、平均年齢は31歳。若手主体で勢いはあるけど、弊害もあるよ。大きいのは、課長クラスの40歳前後が手薄なこと。自分の仕事に手いっぱいで、部下に仕事を教える余裕がない。そのシワ寄せは、仕事を覚える段階の20代に及ぶ。20代後半の若手の中には、与えられた仕事しかやらない者が目につくんだ。新人はゼロから教えればいいが、5年目の甘チャンをどうするかネックだよ」

 人手不足の今、他人事ではないだろう。一般にデキの悪い社員は2割とされるが、クビにはできない。ブラックな手法でできたとしても、残りのグループからイマイチの社員が再び生まれる。ではどうするか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  4. 4

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  7. 7

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  8. 8

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  9. 9

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  10. 10

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

もっと見る