新人よりタチが悪い “5年目の甘チャン”蘇らせる3つの方法

公開日:

 GWが明けて、職場では研修を受けた新人が配属されるころか。現場を担う上司は新人に期待する一方で、悩みもある。広告会社の人事担当役員が言う。

「ウチは、入社2年目までの社員が全体の2割を占め、平均年齢は31歳。若手主体で勢いはあるけど、弊害もあるよ。大きいのは、課長クラスの40歳前後が手薄なこと。自分の仕事に手いっぱいで、部下に仕事を教える余裕がない。そのシワ寄せは、仕事を覚える段階の20代に及ぶ。20代後半の若手の中には、与えられた仕事しかやらない者が目につくんだ。新人はゼロから教えればいいが、5年目の甘チャンをどうするかネックだよ」

 人手不足の今、他人事ではないだろう。一般にデキの悪い社員は2割とされるが、クビにはできない。ブラックな手法でできたとしても、残りのグループからイマイチの社員が再び生まれる。ではどうするか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  2. 2

    金銭より年数で…FA浅村の楽天入りは“ゆとり世代”ならでは

  3. 3

    特捜部を待つゴーンの徹底抗戦 “人質司法”には絶対屈しない

  4. 4

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  5. 5

    清水国明は68歳で第5子 芸能界“高齢パパ”の気になる共通項

  6. 6

    先輩2人が大減俸…オリFA西「2度目の交渉」は別れの挨拶か

  7. 7

    提示は5億円減 オリ金子「自由契約ある」で巨人入り怪情報

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  10. 10

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

もっと見る