日本企業には貴重な人材 ムスリム社員をどう接するべきか

公開日:

 ファミレスやコンビニ、居酒屋、工事現場など、あらゆるところが、外国人なしでは回らなくなっている。大企業も状況は同じ。いち早く英語を公用語化した楽天は、本社社員の5人に1人が外国人という。今後、この流れはさらに加速するだろうが、気になるのは宗教のこと。特にイスラムとの兼ね合いだろう。

 どうやって受け入れ体制を整えるのか。「働き方改革総合研究所」代表の新田龍氏が言う。

「古河電工や近ツー、ヤンマーなど大企業は資料室や倉庫を改装して礼拝室を用意しています。就業規則には、『勤務時間中の職務専念』『職場での宗教行為の禁止』などが設けられていることが多くありますが、それらの見直しや特例が必要。それ以上に職場の意識改革が大切でしょう」

 意識改革って? 3年前、マレーシア駐在でムスリム社員の部下を持った自動車大手の40代社員が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る