日本企業には貴重な人材 ムスリム社員をどう接するべきか

公開日:

 ファミレスやコンビニ、居酒屋、工事現場など、あらゆるところが、外国人なしでは回らなくなっている。大企業も状況は同じ。いち早く英語を公用語化した楽天は、本社社員の5人に1人が外国人という。今後、この流れはさらに加速するだろうが、気になるのは宗教のこと。特にイスラムとの兼ね合いだろう。

 どうやって受け入れ体制を整えるのか。「働き方改革総合研究所」代表の新田龍氏が言う。

「古河電工や近ツー、ヤンマーなど大企業は資料室や倉庫を改装して礼拝室を用意しています。就業規則には、『勤務時間中の職務専念』『職場での宗教行為の禁止』などが設けられていることが多くありますが、それらの見直しや特例が必要。それ以上に職場の意識改革が大切でしょう」

 意識改革って? 3年前、マレーシア駐在でムスリム社員の部下を持った自動車大手の40代社員が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  2. 2

    片山さつき大臣の「カレンダー」無償配布疑惑に決定的証言

  3. 3

    広島・丸取り表明のロッテ 巨人との資金差は絶望的10億円

  4. 4

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  5. 5

    専門家に聞く 日米FTAの行方と暴走するトランプへの対抗策

  6. 6

    弱者蔑視、答弁はぐらかし 安倍内閣の象徴が片山さつき

  7. 7

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  8. 8

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  9. 9

    民営化で料金5倍に? 「水道水」がコーラよりも高くなる日

  10. 10

    織田裕二vs坂上忍に遺恨勃発…共演NGに至るまでの「因縁」

もっと見る