• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日本企業には貴重な人材 ムスリム社員をどう接するべきか

 ファミレスやコンビニ、居酒屋、工事現場など、あらゆるところが、外国人なしでは回らなくなっている。大企業も状況は同じ。いち早く英語を公用語化した楽天は、本社社員の5人に1人が外国人という。今後、この流れはさらに加速するだろうが、気になるのは宗教のこと。特にイスラムとの兼ね合いだろう。

 どうやって受け入れ体制を整えるのか。「働き方改革総合研究所」代表の新田龍氏が言う。

「古河電工や近ツー、ヤンマーなど大企業は資料室や倉庫を改装して礼拝室を用意しています。就業規則には、『勤務時間中の職務専念』『職場での宗教行為の禁止』などが設けられていることが多くありますが、それらの見直しや特例が必要。それ以上に職場の意識改革が大切でしょう」

 意識改革って? 3年前、マレーシア駐在でムスリム社員の部下を持った自動車大手の40代社員が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  4. 4

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

  9. 9

    V候補がGL敗退危機に…アルゼンチン衝撃的惨敗の“元凶”

  10. 10

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

もっと見る