• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

半藤一利さん<2> 入社早々に坂口安吾の自宅で1週間“同居”

作家・半藤一利さん(C)日刊ゲンダイ

 入社当時の文藝春秋は社員が70人しかいませんでした。それなのに会社が上り調子で、出す本は何でも売れましたから、もの凄くこき使われましたね。4月1日入社なのに、「おまえたち、どうせやることないだろう。給与も出すから来い」と言われて、3月1日から出社しました。

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事