10万円超の高級機まで「扇風機」はここまで進化していた

公開日: 更新日:

 本格的な梅雨のシーズンになってムシムシ。いよいよエアコンの出番か。最近は扇風機と併用して使う家庭も多いが、その扇風機売り場がいま面白い。

「買い替えのお客さまが多いこともあり、消費電力が少なくて音も静かな“DCタイプ”をおすすめしています。リビングでエアコンと併用するような場合は、首振り機能が左右に加えて上下にも動くタイプのリモコン付きが人気ですね。売れ筋価格帯は1万5000~2万5000円くらいです」(ビックカメラ新宿西口店・家電コーナー担当者)

 DCタイプとは「直流交流」の直流式のこと。交流タイプは低回転が苦手だが、DCの導入により機能は大幅に改善。今や「風量調節が30段階を超える機種もある」(前出の担当者)というから驚き。「強、中、弱」しかないような“旧式”を使っていると笑われそうだ。

 さわさわ~っと優しい風がお好みなら、蝶の羽の動きをヒントにした最新式のシャープの一台を。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  3. 3

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  4. 4

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  5. 5

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  6. 6

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  7. 7

    元ワンギャル須之内美帆子さんがマレーシアに移住したワケ

  8. 8

    加藤浩次「スッキリ」3月に自主降板か MC後任に山里亮太説

  9. 9

    文春砲で改名を余儀なくされた元・羽生ゆずれないさんは今

  10. 10

    タレント松尾伴内さんの念願はNY生活 28歳の頃からの憧れ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る