10万円超の高級機まで「扇風機」はここまで進化していた

公開日: 更新日:

 本格的な梅雨のシーズンになってムシムシ。いよいよエアコンの出番か。最近は扇風機と併用して使う家庭も多いが、その扇風機売り場がいま面白い。

「買い替えのお客さまが多いこともあり、消費電力が少なくて音も静かな“DCタイプ”をおすすめしています。リビングでエアコンと併用するような場合は、首振り機能が左右に加えて上下にも動くタイプのリモコン付きが人気ですね。売れ筋価格帯は1万5000~2万5000円くらいです」(ビックカメラ新宿西口店・家電コーナー担当者)

 DCタイプとは「直流交流」の直流式のこと。交流タイプは低回転が苦手だが、DCの導入により機能は大幅に改善。今や「風量調節が30段階を超える機種もある」(前出の担当者)というから驚き。「強、中、弱」しかないような“旧式”を使っていると笑われそうだ。

 さわさわ~っと優しい風がお好みなら、蝶の羽の動きをヒントにした最新式のシャープの一台を。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴタゴタ続き…阪神低迷の“A級戦犯”フロントが抱える問題

  2. 2

    埼玉大・高端准教授が警鐘「自助、共助」を強調する危うさ

  3. 3

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  4. 4

    菅新内閣の不真面目3閣僚 デジタル担当相はワニ動画で物議

  5. 5

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  6. 6

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  7. 7

    ドラ1候補・明石商中森の母が明かす プロ志望表明の舞台裏

  8. 8

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  9. 9

    松田聖子40周年で根性のフル回転…唯我独尊貫くエピソード

  10. 10

    虎糸井もはや不良債権 去就はドラフトでの近大・佐藤次第

もっと見る