10万円超の高級機まで「扇風機」はここまで進化していた

公開日:

 本格的な梅雨のシーズンになってムシムシ。いよいよエアコンの出番か。最近は扇風機と併用して使う家庭も多いが、その扇風機売り場がいま面白い。

「買い替えのお客さまが多いこともあり、消費電力が少なくて音も静かな“DCタイプ”をおすすめしています。リビングでエアコンと併用するような場合は、首振り機能が左右に加えて上下にも動くタイプのリモコン付きが人気ですね。売れ筋価格帯は1万5000~2万5000円くらいです」(ビックカメラ新宿西口店・家電コーナー担当者)

 DCタイプとは「直流交流」の直流式のこと。交流タイプは低回転が苦手だが、DCの導入により機能は大幅に改善。今や「風量調節が30段階を超える機種もある」(前出の担当者)というから驚き。「強、中、弱」しかないような“旧式”を使っていると笑われそうだ。

 さわさわ~っと優しい風がお好みなら、蝶の羽の動きをヒントにした最新式のシャープの一台を。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る