ロンドン火災は死者17人 “外張り断熱工法”は日本も危険

公開日:

 英国ロンドンの24階建て高層マンション「グレンフェル・タワー」で14日に発生した大規模火災は死者17人、負傷者70人以上、少なくとも数十人が行方不明となる惨事となった。

 建物は1974年に建てられた低所得者向けの公営住宅。難を逃れた住民たちは火災報知機やスプリンクラーなど防火体制の不備を指摘しているが、ここまで被害が拡大したのは、大規模修繕工事が原因のようだ。昨年、マンションは1000万ポンド(約14億円)をかけて外壁を新しくしたばかり。外壁を伝って一瞬で火が燃え広がったことから、外壁に燃えやすい素材が使われた可能性が指摘されている。

「火災の映像を見る限り、日本でも広く知られている“外張り断熱工法”が外壁に施されたのではないかと思いました。外張り工法はウレタンなどの発泡プラスチック系素材を原料とする断熱材を外壁に張るだけなので、壁の内側に断熱材を詰めるよりも工期が短縮でき、コストも低く抑えられる。もちろん、防火対策で表面に不燃性の塗料でコーティングが施されていますが、原料自体に可燃性のポリスチレンなどが使われているため、いざ着火すると激しく燃焼します」(ある1級建築士)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る