ロンドン火災は死者17人 “外張り断熱工法”は日本も危険

公開日:

 英国ロンドンの24階建て高層マンション「グレンフェル・タワー」で14日に発生した大規模火災は死者17人、負傷者70人以上、少なくとも数十人が行方不明となる惨事となった。

 建物は1974年に建てられた低所得者向けの公営住宅。難を逃れた住民たちは火災報知機やスプリンクラーなど防火体制の不備を指摘しているが、ここまで被害が拡大したのは、大規模修繕工事が原因のようだ。昨年、マンションは1000万ポンド(約14億円)をかけて外壁を新しくしたばかり。外壁を伝って一瞬で火が燃え広がったことから、外壁に燃えやすい素材が使われた可能性が指摘されている。

「火災の映像を見る限り、日本でも広く知られている“外張り断熱工法”が外壁に施されたのではないかと思いました。外張り工法はウレタンなどの発泡プラスチック系素材を原料とする断熱材を外壁に張るだけなので、壁の内側に断熱材を詰めるよりも工期が短縮でき、コストも低く抑えられる。もちろん、防火対策で表面に不燃性の塗料でコーティングが施されていますが、原料自体に可燃性のポリスチレンなどが使われているため、いざ着火すると激しく燃焼します」(ある1級建築士)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  3. 3

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  4. 4

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  5. 5

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  6. 6

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    試行錯誤を経てたどり着いた「バントは時間稼ぎ」の極意

  10. 10

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

もっと見る