前川氏も通い話題 「出会い系バー」の実態と女子の本音

公開日:

 加計学園を巡る国会論戦で浮上した出会い系バーは、貧困女子が集まるとされる。女性は飲み代も食事代もかからないシステムの店が多い上、中には小遣いを渡す男性客もいて、貧困女子が集まる温床になっているというが、実態はどうなのだろうか。

 日刊ゲンダイのアラサー女性記者は東京・渋谷の出会い系バーで23歳と24歳のOL2人に話を聞いた。

「飲み代がかからないから女友達と一緒に来た。ぶっちゃけ、出会い目的じゃないので男性客はいない方が楽でいい」

「友達と飲みたいけど、お金がもったいないし。こういう店なら気軽に使える。終電を逃したときにも便利ですよ」

 タダ酒とタダ飯を期待しているらしい。確かに遊ぶ余裕はないのかもしれないが、報道されたような貧困女子の姿とはずいぶん違う。最近の若い女性は総じて遊びに使うカネがなく、全体としてこの手の店へのハードルが下がっているようだ。女性のライフスタイルに詳しいライターの尾越まり恵氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る