• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

出会いアプリの「いいね!」はプロフの書き方にコツあり

 スマホアプリが、出会いの場として定着している。たとえば、会員数は「Pairs」が500万人を突破、「Omiai」は200万人で追撃する。

 どちらもSNSの一つ「Facebook(FB)」を利用したマッチングアプリ。年齢や趣味、年収、職種、結婚の意思、飲酒の有無など細かな条件設定で理想の相手を検索。パートナー候補に理想の相手がいたら、「いいね!」を送る。相手から「いいね、ありがとう」とお礼メッセージが届いたら、やりとり開始だ。

 FBはあくまでもマッチングのための道具で、一連の経過が投稿されることはない。利用者は20~30代男女が中心だが、40~50代男性も少なくないという。「いいね!」が集まるオジサンはいるのか。「未婚当然時代」の著者、にらさわあきこ氏に聞いた。

「女性ウケを左右する要素の一つは、プロフィルの写真です。年齢やイケメン度合いは関係ありません。見た目の明るさや優しい色味など雰囲気が大切です。自撮りすると怖い顔になりがちなので、笑顔や優しそうな表情を心掛けてだれかに撮ってもらう。もう一つは色合いで、白や黄色など明るい色の服を着たり、背景を明るくしたり。写真全体が明るく、優しい色味であるのがポイントです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  9. 9

    藤井氏“安倍内閣は酷すぎ”発言 なかなかいえない本当の話

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る