出会いアプリの「いいね!」はプロフの書き方にコツあり

公開日: 更新日:

 スマホアプリが、出会いの場として定着している。たとえば、会員数は「Pairs」が500万人を突破、「Omiai」は200万人で追撃する。

 どちらもSNSの一つ「Facebook(FB)」を利用したマッチングアプリ。年齢や趣味、年収、職種、結婚の意思、飲酒の有無など細かな条件設定で理想の相手を検索。パートナー候補に理想の相手がいたら、「いいね!」を送る。相手から「いいね、ありがとう」とお礼メッセージが届いたら、やりとり開始だ。

 FBはあくまでもマッチングのための道具で、一連の経過が投稿されることはない。利用者は20~30代男女が中心だが、40~50代男性も少なくないという。「いいね!」が集まるオジサンはいるのか。「未婚当然時代」の著者、にらさわあきこ氏に聞いた。

「女性ウケを左右する要素の一つは、プロフィルの写真です。年齢やイケメン度合いは関係ありません。見た目の明るさや優しい色味など雰囲気が大切です。自撮りすると怖い顔になりがちなので、笑顔や優しそうな表情を心掛けてだれかに撮ってもらう。もう一つは色合いで、白や黄色など明るい色の服を着たり、背景を明るくしたり。写真全体が明るく、優しい色味であるのがポイントです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  2. 2

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  3. 3

    上昌広氏が“夜の街”叩きに警鐘「感染が蔓延するパターン」

  4. 4

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  5. 5

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  6. 6

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  7. 7

    小池都政に隠蔽発覚「コロナ感染予測文書」を破棄していた

  8. 8

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  9. 9

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  10. 10

    一部のファンとの紐帯も切れた暴力団・山口組のやりっ放し

もっと見る