出会いアプリの「いいね!」はプロフの書き方にコツあり

公開日:

 スマホアプリが、出会いの場として定着している。たとえば、会員数は「Pairs」が500万人を突破、「Omiai」は200万人で追撃する。

 どちらもSNSの一つ「Facebook(FB)」を利用したマッチングアプリ。年齢や趣味、年収、職種、結婚の意思、飲酒の有無など細かな条件設定で理想の相手を検索。パートナー候補に理想の相手がいたら、「いいね!」を送る。相手から「いいね、ありがとう」とお礼メッセージが届いたら、やりとり開始だ。

 FBはあくまでもマッチングのための道具で、一連の経過が投稿されることはない。利用者は20~30代男女が中心だが、40~50代男性も少なくないという。「いいね!」が集まるオジサンはいるのか。「未婚当然時代」の著者、にらさわあきこ氏に聞いた。

「女性ウケを左右する要素の一つは、プロフィルの写真です。年齢やイケメン度合いは関係ありません。見た目の明るさや優しい色味など雰囲気が大切です。自撮りすると怖い顔になりがちなので、笑顔や優しそうな表情を心掛けてだれかに撮ってもらう。もう一つは色合いで、白や黄色など明るい色の服を着たり、背景を明るくしたり。写真全体が明るく、優しい色味であるのがポイントです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る