春は「出会い系サイト」の登録者が増えるって本当なの?

公開日: 更新日:

 春は出会いの季節。通信インフラサービスの「ALL CONNECT」が20~30代に行った調査によると、「出会いを期待する季節」に春を選んだ人が、55.5%に上った。「春に異性との新しい出会いを求めますか」との問いにも、6割が「求める」と答えている。

 多くの人が期待でソワソワしているからなのか、実際にアラサー記者の学生時代の友人(女性)は先月、2年前の春に知り合った年下男性と結婚した。きっかけは、出会い系サイトだった。それならとネットのマッチングアプリや出会い系サイトを見てみると、「春は女性会員増加」とアピールしているのが目立つ。やはり「春はチャンス」なのだろうか。

 ITジャーナリストの井上トシユキ氏は、「出会い系の登録者数が最も多いのは夏休み前です。ただ、春も多いですね」と言う。進学で親元を離れたり転勤で新しい環境に身を置いたりすることは、新しいことを始めるきっかけになるものだ。受験が終わったり、年度末の仕事が片付いたりすれば気持ちも軽くなり、興味本位で登録する人も少なくないらしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  3. 3

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  4. 4

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  5. 5

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  6. 6

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  7. 7

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  8. 8

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  9. 9

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  10. 10

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る