• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

上司の心ないひと言が部下の疲労を倍増させている

 この暑さだ。出歩くだけで疲労も増すが、ビジネスパーソンの7割は、一晩寝たぐらいで疲れが取れない慢性疲労状態――養命酒製造(東京都渋谷区)のインターネット調査で、そんな結果が出ている。

 調査は、1都3県在住、東京で働いている20~59歳の男女1000人を対象に実施。勤務地別では、丸の内勤めの女性の慢性疲労度が79・3%と、特に高くなっている。“花の丸の内OL”は見た目の華やかさとは裏腹に、かなりお疲れ気味らしい。

 そんな慢性疲労をさらに疲れさせるのが、上司の心ないひと言だ。調査では、2人に1人が上司のセリフで疲れが倍増した経験が「ある」と回答している。

 疲れが倍増する上司のセリフのワーストワンは「常識でしょ・当たり前でしょ」(13・6%)。次いで以下の通りだ。

②そんなこともできないの?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  8. 8

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  9. 9

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

  10. 10

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

もっと見る