上司の心ないひと言が部下の疲労を倍増させている

公開日:  更新日:

 この暑さだ。出歩くだけで疲労も増すが、ビジネスパーソンの7割は、一晩寝たぐらいで疲れが取れない慢性疲労状態――養命酒製造(東京都渋谷区)のインターネット調査で、そんな結果が出ている。

 調査は、1都3県在住、東京で働いている20~59歳の男女1000人を対象に実施。勤務地別では、丸の内勤めの女性の慢性疲労度が79・3%と、特に高くなっている。“花の丸の内OL”は見た目の華やかさとは裏腹に、かなりお疲れ気味らしい。

 そんな慢性疲労をさらに疲れさせるのが、上司の心ないひと言だ。調査では、2人に1人が上司のセリフで疲れが倍増した経験が「ある」と回答している。

 疲れが倍増する上司のセリフのワーストワンは「常識でしょ・当たり前でしょ」(13・6%)。次いで以下の通りだ。

②そんなこともできないの?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  5. 5

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  6. 6

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  7. 7

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  8. 8

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  9. 9

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  10. 10

    「3年A組」好調キープ 狂気はらむ菅田将暉“演技力の源泉”

もっと見る