「ふるさと納税」を会社が代行 日本初サービスの使い勝手

公開日:

 これで手間暇がぐっとラクになる。これまでありそうでなかった「ふるさと納税」を「会社」が代行するサービスが始まったのだ。

 日本初の福利厚生サービスを開始したのは、スマホ広告などを手掛ける「ユニメディア」。その名もズバリ、「オフィスでふるさと納税」だ。これまで個人で納税していたものを企業の手を借りて行おうというものだ。

 総務省調査によると、2015年度のふるさと納税額は1652億円で、前年度の389億円から4.2倍にアップ。件数も726万件で3.8倍に増えている。しかし、これだけふるさと納税への認知度が高まっても、利用率は給与所得者である5646万人の18%弱にすぎない。その理由は、不慣れな税務手続きへの不安や面倒くささだ。

「面倒に感じるふるさと納税を、通常の源泉徴収や医療費控除と同様に、企業の人事や総務部にお手伝いしてもらおうという仕組みです。人事部は社員の給与を把握していますので、社員は、収入に応じたふるさと納税の限度額、例えば、年収500万円なら約4万9000円、700万円で約8万6000円と、すぐに計算してもらえます」(ユニメディア広報担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

もっと見る