• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ふるさと納税」を会社が代行 日本初サービスの使い勝手

 これで手間暇がぐっとラクになる。これまでありそうでなかった「ふるさと納税」を「会社」が代行するサービスが始まったのだ。

 日本初の福利厚生サービスを開始したのは、スマホ広告などを手掛ける「ユニメディア」。その名もズバリ、「オフィスでふるさと納税」だ。これまで個人で納税していたものを企業の手を借りて行おうというものだ。

 総務省調査によると、2015年度のふるさと納税額は1652億円で、前年度の389億円から4.2倍にアップ。件数も726万件で3.8倍に増えている。しかし、これだけふるさと納税への認知度が高まっても、利用率は給与所得者である5646万人の18%弱にすぎない。その理由は、不慣れな税務手続きへの不安や面倒くささだ。

「面倒に感じるふるさと納税を、通常の源泉徴収や医療費控除と同様に、企業の人事や総務部にお手伝いしてもらおうという仕組みです。人事部は社員の給与を把握していますので、社員は、収入に応じたふるさと納税の限度額、例えば、年収500万円なら約4万9000円、700万円で約8万6000円と、すぐに計算してもらえます」(ユニメディア広報担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  9. 9

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る