「ふるさと納税」を会社が代行 日本初サービスの使い勝手

公開日: 更新日:

 これで手間暇がぐっとラクになる。これまでありそうでなかった「ふるさと納税」を「会社」が代行するサービスが始まったのだ。

 日本初の福利厚生サービスを開始したのは、スマホ広告などを手掛ける「ユニメディア」。その名もズバリ、「オフィスでふるさと納税」だ。これまで個人で納税していたものを企業の手を借りて行おうというものだ。

 総務省調査によると、2015年度のふるさと納税額は1652億円で、前年度の389億円から4.2倍にアップ。件数も726万件で3.8倍に増えている。しかし、これだけふるさと納税への認知度が高まっても、利用率は給与所得者である5646万人の18%弱にすぎない。その理由は、不慣れな税務手続きへの不安や面倒くささだ。

「面倒に感じるふるさと納税を、通常の源泉徴収や医療費控除と同様に、企業の人事や総務部にお手伝いしてもらおうという仕組みです。人事部は社員の給与を把握していますので、社員は、収入に応じたふるさと納税の限度額、例えば、年収500万円なら約4万9000円、700万円で約8万6000円と、すぐに計算してもらえます」(ユニメディア広報担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3000億円「Go To 利権」にちらつくパソナと竹中平蔵氏の影

  2. 2

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  3. 3

    自粛解除で昭恵夫人ウズウズ 居酒屋UZU再開に官邸ヒヤヒヤ

  4. 4

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  5. 5

    白井貴子さん モントリオール金から30年、難民支援を継続

  6. 6

    坂本と大城はどこで感染?巨人コロナ「微陽性」6つの疑問

  7. 7

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  8. 8

    出会いから5年 ついに百恵&友和の決定的な写真が撮られた

  9. 9

    小池都知事の次なる敵は…新宿・歌舞伎町“殲滅”の危うさ

  10. 10

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

もっと見る