気になる出費の実情 中高で最もお金がかかる部活は何だ?

公開日: 更新日:

 夏の甲子園が来週7日(月)から開幕する。関西圏の高校はともかく、遠くから遠征してくる高校は旅費の負担が重い。息子のためとはいえ、親にとってはつらい。そこで、中高生の部活にかかる費用をチェックした――。

■相場は年間3万~5万円

 まずは全体像だ。文科省の最新調査「平成26年度子供の学習費調査」によると、部活や学芸会・運動会などにかかる「教科外活動費」の平均は年額で、公立中が3万2468円、公立高が3万9840円。私立だと、中学が5万5170円、高校が4万5892円にアップ。毎月3000~5000円の出費だ。

 では、部活によってどんな違いがあるのか。都内の親や生徒に聞いた。まずは、中学からバスケを続けて今年高校に進学した女子高生の話。

「バスケットシューズは1足8000円ほどで、中学の3年間で2回買い替えました。バスケ用のパンツ代が2000円。試合ごとの交通費が毎回往復500円くらいで、夏の大会シーズンは毎週なので月2000円。でもバスケ部は安いほうだと思う。高校も同じくらいかな。リストバンドはお小遣いから出してる」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  3. 3

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  4. 4

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  5. 5

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  6. 6

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  7. 7

    吉村府知事が招いたうがい薬パニック 品薄で医療団体激怒

  8. 8

    カトパン結婚秒読みもNAOTOと破局 “賞味期限”アラート迫る

  9. 9

    時給は350円…下北沢LOFT店員時代のサザンは不人気だった

  10. 10

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

もっと見る