気になる出費の実情 中高で最もお金がかかる部活は何だ?

公開日: 更新日:

 夏の甲子園が来週7日(月)から開幕する。関西圏の高校はともかく、遠くから遠征してくる高校は旅費の負担が重い。息子のためとはいえ、親にとってはつらい。そこで、中高生の部活にかかる費用をチェックした――。

■相場は年間3万~5万円

 まずは全体像だ。文科省の最新調査「平成26年度子供の学習費調査」によると、部活や学芸会・運動会などにかかる「教科外活動費」の平均は年額で、公立中が3万2468円、公立高が3万9840円。私立だと、中学が5万5170円、高校が4万5892円にアップ。毎月3000~5000円の出費だ。

 では、部活によってどんな違いがあるのか。都内の親や生徒に聞いた。まずは、中学からバスケを続けて今年高校に進学した女子高生の話。

「バスケットシューズは1足8000円ほどで、中学の3年間で2回買い替えました。バスケ用のパンツ代が2000円。試合ごとの交通費が毎回往復500円くらいで、夏の大会シーズンは毎週なので月2000円。でもバスケ部は安いほうだと思う。高校も同じくらいかな。リストバンドはお小遣いから出してる」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  2. 2

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  3. 3

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  4. 4

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  5. 5

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  6. 6

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  7. 7

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

  8. 8

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  9. 9

    故内田裕也さんのロックな人生 破天荒の裏の“冷静と情熱”

  10. 10

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

もっと見る