• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

気になる出費の実情 中高で最もお金がかかる部活は何だ?

 夏の甲子園が来週7日(月)から開幕する。関西圏の高校はともかく、遠くから遠征してくる高校は旅費の負担が重い。息子のためとはいえ、親にとってはつらい。そこで、中高生の部活にかかる費用をチェックした――。

■相場は年間3万~5万円

 まずは全体像だ。文科省の最新調査「平成26年度子供の学習費調査」によると、部活や学芸会・運動会などにかかる「教科外活動費」の平均は年額で、公立中が3万2468円、公立高が3万9840円。私立だと、中学が5万5170円、高校が4万5892円にアップ。毎月3000~5000円の出費だ。

 では、部活によってどんな違いがあるのか。都内の親や生徒に聞いた。まずは、中学からバスケを続けて今年高校に進学した女子高生の話。

「バスケットシューズは1足8000円ほどで、中学の3年間で2回買い替えました。バスケ用のパンツ代が2000円。試合ごとの交通費が毎回往復500円くらいで、夏の大会シーズンは毎週なので月2000円。でもバスケ部は安いほうだと思う。高校も同じくらいかな。リストバンドはお小遣いから出してる」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る