真剣交際が前提も マッチングサイトで“出会い成立”の条件

公開日: 更新日:

 グラドルみたいなナイスバディーの美女にドキッ。フェイスブックやツイッターなどのSNSでよく見かけるのが「マッチングサイト」。“出会い系サイト”だが、サクラじゃないのか。

「そういうことはありません。SNSに登録している実在の男女の出会いを取り持つサイトです」と言うのは、マッチングサイト事情に詳しいITジャーナリストの熊山准氏だ。

 女性は大体、20~40代。真面目な交際を求めていて、結婚願望が強いという。援助交際目的の登録はNGで、そんな書き込みは厳しくチェックされる。

 月会費制の料金は、女性は無料、男性は3000~4000円が相場。基本的に複数の女性とマッチングしても料金は変わらない。

 なるほど、あるサイトに登録すると、スマホ画面に女性の顔写真が年齢とともにズラリ。美人も多く、顔写真をクリックすると、より詳しいプロフィルが見られる。気にいった女性がいたら「いいね」して、相手からも「いいね」が来ればメッセージのやりとりができる仕組みだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  4. 4

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  5. 5

    コソコソ逃げる安倍首相は、なぜそんなに会見が嫌なのか?

  6. 6

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  7. 7

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  8. 8

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  9. 9

    「重症者数少ない」の落とし穴 4月緊急事態宣言前より深刻

  10. 10

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

もっと見る