【豚足とピクルスのゴマソース和え】濃厚だけどサッパリ風味のゴマソース

公開日:  更新日:

Nomka(赤羽)

 最初の店では、魚の姿蒸しなど本格的な香港海鮮料理を出した。今の店では厨房の広さの関係もあって、「つまんでおいしい香港の広東料理」が中心。冷菜8品、温菜8品がメニューに並ぶ。

「レストランでもなくバーでもない。今の形が、僕たちが本当にやりたかったスタイル」

「艇家」の料理で「飲んでほしい」という気持ちから、夫婦で話し合い「Nomi(飲み)+Teika(艇家)」で「Nomka」に決めた。近所の人、帰り道の人、評判を聞いて遠方から来た人などが、ご夫婦の雰囲気そのままに、静かに、穏やかに、お酒を楽しんでいる。

 今回の一品は、「Nomka」になってから出し始めた肉料理。豚足の骨を抜き、食べやすく切っているのは、「手が汚れない方がワインを飲みやすい」という五十嵐さんの気持ちから。「お酒とつまみを大事にしたい」という信念をどこまでも貫く。

 【レシピ】 
・豚足
・ピクルス
・ゴマソース(醤油、砂糖、練りゴマを同割で混ぜ合わせる。そこに酢とレモン汁を各4分の1量加え、さらに混ぜる)
※豚足、ピクルスは市販品でOK

 好みの量の豚足を食べやすいように切り分ける。骨があれば取る。好みの量のピクルスと混ぜ、ゴマソースと和える。ゴマソースは最初「硬め」だが、ピクルスに含まれるピクルス液と混ざり合って、ちょうどよい感じになる。

今日の達人 五十嵐祐二さん

▽いがらし・ゆうじ
 千葉県出身。中国・広東料理の「聘珍樓」、香港の有名店「鴻星海鮮酒家」などを経て、2008年、夫婦で海鮮料理一本の「艇家大牌トン」をオープン。本格的な香港の海鮮料理を食べられると評判を呼んだ。

▼Nomka
 2015年オープン。香港の広東料理を「お酒と楽しめるように」と五十嵐さん風にアレンジ。ご夫婦の優しい雰囲気も魅力。1皿の量は1~2人前。ワインは手頃な価格のものが赤、ロゼ、白、泡とそろう。イス7席の小さなお店なので、できれば来店前に電話を。北区赤羽西1―7―1 ループ館地下1階 ℡03・5948・4233

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る