オフ会も月1600件 マニア心満たす“趣味サイト”最新事情

公開日: 更新日:

 趣味に没頭したい――こんな願いを抱いている人におすすめなのが、「趣味サイト」だ。活動の写真を投稿したり、オフ会で交流したりできるとあって、毎日の生活が何倍も楽しくなるはずだ。

「歴史上の人物と時空を超えて対面できるのが醍醐味。全国の知られざる銅像を見つける楽しみは“宝探し”のようです」

 こう言うのは、「日本の銅像探偵団」管理人の遠藤寛之さん。20人以上の銅像マニアが、全国で見つけた銅像写真を投稿し合っている。

 掲載されている銅像の数は8月9日現在4229体。銅像といっても仏像や抽象的なアート像などではなく、功績を残した歴史上の人物を顕彰するために建てられた「偉人顕彰像」だ。

「有名なのは桂浜の坂本龍馬、仙台の伊達政宗、上野の西郷隆盛、渋谷のハチ公、札幌のクラーク博士。私はこれらを日本5大銅像、通称“DOUZOファイブ”と呼んでいます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  3. 3

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  4. 4

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  5. 5

    菅首相は逃げの一手 “8割おじさん”西浦氏の予算委出席拒否

  6. 6

    コロナ患者退院後12.3%死亡の衝撃 回復しても3割が再入院

  7. 7

    ジュニア「22歳定年制」導入 “ポスト木村拓哉”だったT君は

  8. 8

    松本潤「どうする家康」でNHKが狙う“ALLジャニーズ時代劇”

  9. 9

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  10. 10

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

もっと見る