オフ会も月1600件 マニア心満たす“趣味サイト”最新事情

公開日:

 趣味に没頭したい――こんな願いを抱いている人におすすめなのが、「趣味サイト」だ。活動の写真を投稿したり、オフ会で交流したりできるとあって、毎日の生活が何倍も楽しくなるはずだ。

「歴史上の人物と時空を超えて対面できるのが醍醐味。全国の知られざる銅像を見つける楽しみは“宝探し”のようです」

 こう言うのは、「日本の銅像探偵団」管理人の遠藤寛之さん。20人以上の銅像マニアが、全国で見つけた銅像写真を投稿し合っている。

 掲載されている銅像の数は8月9日現在4229体。銅像といっても仏像や抽象的なアート像などではなく、功績を残した歴史上の人物を顕彰するために建てられた「偉人顕彰像」だ。

「有名なのは桂浜の坂本龍馬、仙台の伊達政宗、上野の西郷隆盛、渋谷のハチ公、札幌のクラーク博士。私はこれらを日本5大銅像、通称“DOUZOファイブ”と呼んでいます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る