オフ会も月1600件 マニア心満たす“趣味サイト”最新事情

公開日: 更新日:

 趣味に没頭したい――こんな願いを抱いている人におすすめなのが、「趣味サイト」だ。活動の写真を投稿したり、オフ会で交流したりできるとあって、毎日の生活が何倍も楽しくなるはずだ。

「歴史上の人物と時空を超えて対面できるのが醍醐味。全国の知られざる銅像を見つける楽しみは“宝探し”のようです」

 こう言うのは、「日本の銅像探偵団」管理人の遠藤寛之さん。20人以上の銅像マニアが、全国で見つけた銅像写真を投稿し合っている。

 掲載されている銅像の数は8月9日現在4229体。銅像といっても仏像や抽象的なアート像などではなく、功績を残した歴史上の人物を顕彰するために建てられた「偉人顕彰像」だ。

「有名なのは桂浜の坂本龍馬、仙台の伊達政宗、上野の西郷隆盛、渋谷のハチ公、札幌のクラーク博士。私はこれらを日本5大銅像、通称“DOUZOファイブ”と呼んでいます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  2. 2

    桜を見る会前夜 安倍事務所とニューオータニに裏取引疑惑

  3. 3

    優樹菜脱落…新ママタレ戦線のダークホースは“無臭”コンビ

  4. 4

    芦田愛菜は大絶賛も…“着物姿”を比べられた神田うのの悲哀

  5. 5

    G山口ポスティング決定も評価辛口 年俸1000万円の可能性も

  6. 6

    美馬に続き鈴木にもフラれ…巨人FA2連敗が“怪我の功名”に

  7. 7

    「元ミヤネ屋」巨人春川国際部長 たった7カ月で“お払い箱”

  8. 8

    「桜を見る会」問題 国会では真相の究明のみ全力を尽くせ

  9. 9

    ソフトバンク1位・佐藤直樹 ドラフト当日に上がった悲鳴

  10. 10

    石川秀美が地元誌に語った薬丸との最先端“ハワイ別居”生活

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る