心理学者が推奨 歩きスマホは「声出し習慣」でやめられる

公開日:

 スマートフォン・ゾンビーズ――米国ではそう呼ぶそうだ。確かにスマホに見入り、ゾンビみたいにフラフラと歩く連中は、日本にもウヨウヨいるが、意外と「歩きスマホ」は中年が多い。

 東京消防庁によると、管内の歩きスマホの事故で救急搬送されたのは、2012~16年の5年間で少なくとも計193人に上る。年代別では40代の40人が最も多く、次いで20代37人、30代35人、50代25人と続く。

 16年9月には、歩きスマホをしていた68歳男性が歩道に張られたチェーンに気づかず、足を取られて転倒。右ひざを骨折して救急搬送なんて事故も起きているが、危ないのは“自損事故”だけではない。“当たり屋”にも狙われている。

 7月19日には、神戸市の63歳男が、駅のホームで歩きスマホをしていた55歳女性にわざと体当たりし、転倒させる事件が起きた。女性は頭蓋骨を折る重傷を負い、男は兵庫県警に傷害容疑で逮捕されたが、「歩きながらスマホを見ているほうが悪い」などと開き直っていたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

もっと見る