心理学者が推奨 歩きスマホは「声出し習慣」でやめられる

公開日: 更新日:

 スマートフォン・ゾンビーズ――米国ではそう呼ぶそうだ。確かにスマホに見入り、ゾンビみたいにフラフラと歩く連中は、日本にもウヨウヨいるが、意外と「歩きスマホ」は中年が多い。

 東京消防庁によると、管内の歩きスマホの事故で救急搬送されたのは、2012~16年の5年間で少なくとも計193人に上る。年代別では40代の40人が最も多く、次いで20代37人、30代35人、50代25人と続く。

 16年9月には、歩きスマホをしていた68歳男性が歩道に張られたチェーンに気づかず、足を取られて転倒。右ひざを骨折して救急搬送なんて事故も起きているが、危ないのは“自損事故”だけではない。“当たり屋”にも狙われている。

 7月19日には、神戸市の63歳男が、駅のホームで歩きスマホをしていた55歳女性にわざと体当たりし、転倒させる事件が起きた。女性は頭蓋骨を折る重傷を負い、男は兵庫県警に傷害容疑で逮捕されたが、「歩きながらスマホを見ているほうが悪い」などと開き直っていたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  2. 2

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  3. 3

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  4. 4

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  5. 5

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  6. 6

    ジャパンライフに一斉捜査 安倍首相“広告塔”の動かぬ証拠

  7. 7

    写真誌に泥酔姿撮られた…米津玄師の「知られざる私生活」

  8. 8

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  9. 9

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  10. 10

    理事長は怒り心頭 横綱白鵬「三本締め」けん責処分の意味

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る