• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

心理学者が推奨 歩きスマホは「声出し習慣」でやめられる

 スマートフォン・ゾンビーズ――米国ではそう呼ぶそうだ。確かにスマホに見入り、ゾンビみたいにフラフラと歩く連中は、日本にもウヨウヨいるが、意外と「歩きスマホ」は中年が多い。

 東京消防庁によると、管内の歩きスマホの事故で救急搬送されたのは、2012~16年の5年間で少なくとも計193人に上る。年代別では40代の40人が最も多く、次いで20代37人、30代35人、50代25人と続く。

 16年9月には、歩きスマホをしていた68歳男性が歩道に張られたチェーンに気づかず、足を取られて転倒。右ひざを骨折して救急搬送なんて事故も起きているが、危ないのは“自損事故”だけではない。“当たり屋”にも狙われている。

 7月19日には、神戸市の63歳男が、駅のホームで歩きスマホをしていた55歳女性にわざと体当たりし、転倒させる事件が起きた。女性は頭蓋骨を折る重傷を負い、男は兵庫県警に傷害容疑で逮捕されたが、「歩きながらスマホを見ているほうが悪い」などと開き直っていたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  3. 3

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

もっと見る