家事代行「Okan」のビジネスモデルはなぜ成功したのか

公開日:

 コンテンツ配信などを手掛けるDMM(東京都港区)が、昨年12月から開始した家事代行サービス「Okan(おかん)」が、絶好調だ。東京23区でスタートしたが、3月30日からは、北は札幌市から南は福岡市まで全国に展開した。これまでの依頼件数は5000件、スタッフの登録者も1500人に上る。

「利用者は男女を問わず独身者が多いですが、既婚者では、子育て真っ盛りの共働き家庭などは、想定よりニーズがありました。スタッフの登録は主婦がメーンです。トラブルはドタキャンなど数件です」(DMMマーケティング本部担当者)

 Okanは利用者と代行スタッフのマッチングを専用アプリで行い、大幅に経費を削減。利用料は業界では破格の1時間半3600円(交通費込み)、スタッフの時給も1680~1920円(交通費自己負担)と厚遇を実現した。主婦の家事スキルをうまく生かしたビジネスモデルだ。経済ジャーナリストの井上学氏はさらなる可能性を指摘する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る