• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

効果アリの声続々 オオカミロボは鳥獣被害対策の切り札か

 切り札になるかもしれない――。全国の農家が頭を抱えるイノシシやシカなど野生鳥獣による農作物被害。2015年度の全国の被害額は176億円にも及ぶ。防護柵などの対策が中心だったが、最近オオカミの姿をしたロボットが効果を挙げているという。

 その名は「スーパーモンスターウルフ」。太田精器(北海道奈井江町)が、北海道大、東京農大と2010年から約7年かけて共同開発した。体長65センチ、体高50センチ。バッテリーにソーラーパネルをつなげて電源にしていて、エサは与えなくてもいい。開いた口からは鋭い牙がのぞく。近づく野生動物に対してセンサーで感知、強力なLEDの光と威嚇音で野生動物を驚かせる。オオカミや犬、人間などの本来天敵となる声や、また自然界にない、えたいの知れない音など、動物が慣れないよう音をふんだんに入れていて、音のバリエーションはナント48種類もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  9. 9

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  10. 10

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

もっと見る