• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

効果アリの声続々 オオカミロボは鳥獣被害対策の切り札か

 切り札になるかもしれない――。全国の農家が頭を抱えるイノシシやシカなど野生鳥獣による農作物被害。2015年度の全国の被害額は176億円にも及ぶ。防護柵などの対策が中心だったが、最近オオカミの姿をしたロボットが効果を挙げているという。

 その名は「スーパーモンスターウルフ」。太田精器(北海道奈井江町)が、北海道大、東京農大と2010年から約7年かけて共同開発した。体長65センチ、体高50センチ。バッテリーにソーラーパネルをつなげて電源にしていて、エサは与えなくてもいい。開いた口からは鋭い牙がのぞく。近づく野生動物に対してセンサーで感知、強力なLEDの光と威嚇音で野生動物を驚かせる。オオカミや犬、人間などの本来天敵となる声や、また自然界にない、えたいの知れない音など、動物が慣れないよう音をふんだんに入れていて、音のバリエーションはナント48種類もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事