効果アリの声続々 オオカミロボは鳥獣被害対策の切り札か

公開日: 更新日:

 切り札になるかもしれない――。全国の農家が頭を抱えるイノシシやシカなど野生鳥獣による農作物被害。2015年度の全国の被害額は176億円にも及ぶ。防護柵などの対策が中心だったが、最近オオカミの姿をしたロボットが効果を挙げているという。

 その名は「スーパーモンスターウルフ」。太田精器(北海道奈井江町)が、北海道大、東京農大と2010年から約7年かけて共同開発した。体長65センチ、体高50センチ。バッテリーにソーラーパネルをつなげて電源にしていて、エサは与えなくてもいい。開いた口からは鋭い牙がのぞく。近づく野生動物に対してセンサーで感知、強力なLEDの光と威嚇音で野生動物を驚かせる。オオカミや犬、人間などの本来天敵となる声や、また自然界にない、えたいの知れない音など、動物が慣れないよう音をふんだんに入れていて、音のバリエーションはナント48種類もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  3. 3

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  4. 4

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  5. 5

    焦るトランプ…フロリダ州で負ければ米大統領選はアウト

  6. 6

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  7. 7

    Gドラ1は投手捨て野手に…乗り換えた原監督の不安と不満

  8. 8

    脚本家・三谷幸喜さんが語る“シットコム”への新たな思い

  9. 9

    白石麻衣10.28乃木坂卒業で注目 ソロ活動と恋愛解禁Xデー

  10. 10

    巨人上位候補 天理大148km左腕・森浦&明石商・来田の実力

もっと見る