• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【ブロッコリー卵サラダ】ゆで卵を手でつぶしながら混ぜる

東邦酒場(東京・お花茶屋)

「この前も間口君が、これ食べて、ウマイ! ウマイ! って言ってたわよ」と東邦酒場の奥さんが語る。ロックフィッシュの間口一就氏が、わざわざ銀座からお花茶屋まで来てまで食べたくなる料理がこれだ。

 レシピは至ってシンプル。ブロッコリーを一口大に切って固ゆでする。ゆで卵は半熟よりやや固め。マヨネーズとオリーブオイル、塩コショウを混ぜたものに具を入れ、手で混ぜるだけ。ゆで卵も包丁で細かく切らず、丸のまま入れて、手で割りほぐす。「コツはあんまり混ぜ過ぎないことだね」と遠藤さん。“ザックリ”のほうが食感が残っていい。

「あとは野菜かな。うちは季節によるけど無農薬野菜を取り寄せててね。無農薬だとお客さんが食べた時の音が違う。『パリッ!』と、いい音がするんだよね。野菜がいいときはすぐ完売します」

 料理がシンプルなだけに、素材の良さが決め手になるというわけだ。無農薬野菜は値段は高いが、その方がうまい。ちょっと高めの野菜を使ってみるのもいいかもしれない。

 《材料》
ブロッコリー 1/5個
卵 1個
きゅうり 1/6本
玉ねぎ 1/8個
プチトマト(赤、黄、緑) 3個
イタリアンパセリ(なければセロリの葉でも可) 少々
マヨネーズ 大さじ2
オリーブオイル 小さじ1
塩 適宜
こしょう 適宜
《レシピ》

(1)卵はゆでて殻をむき、ブロッコリーは固ゆで、玉ねぎ・きゅうりは薄くスライスする。
(2)ボウルに、マヨネーズ、オリーブオイル、塩、こしょうを入れて混ぜる。
(3)②の中に、①のゆで卵、ブロッコリー、玉ねぎ、きゅうりを加え、手でゆで卵をつぶしながらザックリと混ぜる。
(4)レタスを敷き、③を盛りつけ、最後に、半分に切ったプチトマト、イタリアンパセリで彩りを添える。

今日の達人 遠藤泰典さん

▽えんどう・やすのり
 中学時代から、父である先代と共に店に立ち、17歳から調理系専門学校、バーテンダースクール、ホテルの下ごしらえ専門業者などで修業を重ね、ジャンルレスなメニューを開発。料理のウマさに定評がある。

▼東邦酒場
 昭和32年創業、地元はもちろん、吉田類、銀座ロックフィッシュの間口一就氏も訪れる名店。「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系)の「きたなシュラン」でも紹介され話題に。葛飾区宝町2―36―8 ℡03・3697・0644(月曜、第2日曜定休)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る