誰が買う? 「10億円」実物大スペースシャトル模型の行方

公開日: 更新日:

 今年12月いっぱいで約27年の歴史に幕を下ろす北九州市のレジャーパーク「スペースワールド」(SW)が、22日からクラウドファンディングを立ち上げ、話題になっている。

 クラウド――とは、大ざっぱに言えばネットを使った資金集めのこと。同園では大みそかの“最後の一日”に、2007年まで上演していた花火ショーを復活させるための資金を募っている。

 目標額は1500万円で、受け付けは11月5日までだが、9月25日午後3時現在で支援額は計約141万円。順調にいけば目標額には届きそうだが、「なにぶん初めての試みだけに、(4日間で141万円という)金額もどう捉えていいのか、分からないんです」とは広報担当者。多く集まるほど、より派手な花火ショーにしたいという。

 もちろん支援額が多いほど“特典”は豪華に。たとえば1万2000円なら、グランドフィナーレの入園チケットと、花火ショーの観賞エリアの入場券がもらえる。3万円なら、12月1日から31日まで何度でも入園できてアトラクションも無料の月間フリーパスといった具合だが、何といっても注目は「スペースシャトルを差し上げます」。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  2. 2

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  3. 3

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  4. 4

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  5. 5

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  6. 6

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  7. 7

    写真誌に泥酔姿撮られた…米津玄師の「知られざる私生活」

  8. 8

    GW歴史的10連休でどうなる 身の回りで気になる8つの疑問

  9. 9

    宇多田ヒカル 時代問わない別次元の才能と“人間活動”で…

  10. 10

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る