• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

誰が買う? 「10億円」実物大スペースシャトル模型の行方

 今年12月いっぱいで約27年の歴史に幕を下ろす北九州市のレジャーパーク「スペースワールド」(SW)が、22日からクラウドファンディングを立ち上げ、話題になっている。

 クラウド――とは、大ざっぱに言えばネットを使った資金集めのこと。同園では大みそかの“最後の一日”に、2007年まで上演していた花火ショーを復活させるための資金を募っている。

 目標額は1500万円で、受け付けは11月5日までだが、9月25日午後3時現在で支援額は計約141万円。順調にいけば目標額には届きそうだが、「なにぶん初めての試みだけに、(4日間で141万円という)金額もどう捉えていいのか、分からないんです」とは広報担当者。多く集まるほど、より派手な花火ショーにしたいという。

 もちろん支援額が多いほど“特典”は豪華に。たとえば1万2000円なら、グランドフィナーレの入園チケットと、花火ショーの観賞エリアの入場券がもらえる。3万円なら、12月1日から31日まで何度でも入園できてアトラクションも無料の月間フリーパスといった具合だが、何といっても注目は「スペースシャトルを差し上げます」。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  5. 5

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  6. 6

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  7. 7

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  8. 8

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

もっと見る