国内開業なら需要1万人 カジノディーラーはいくら稼げる

公開日: 更新日:

 賛否両論ある中、昨年12月に「IR推進法案」が国会で可決された。注目のカジノ経営については、米国のカジノ大手「ハードロック」(ハードロックカフェの親会社)やシンガポールの「マリーナベイ・サンズ」などが色気を見せているが、よく考えたら肝心なところを見過ごすところだった。日本ではディーラーが不足……というか、ほぼいないのだ。

 与党案ならカジノのオープンは早ければ2020年の東京五輪後。今のところ、大阪府、横浜市、和歌山県が手を挙げそうだが、東京都や沖縄県にも動きがある。

 カジノは24時間のため、ディーラーは1日3~4交代で、1施設につき1000~3000人が必要。スタート時は3~4施設とされるため、最大で1万人以上のディーラーが必要になってくる。つまり、今からディーラーの資格(日本カジノディーラーズ協会認定)を取得しておけば、就職はより取り見取りになる可能性が高い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  9. 9

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

  10. 10

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

もっと見る