部下の非は自分の責任 保毛尾田騒動を鎮火させた高齢社長

公開日: 更新日:
フジテレビの宮内正喜社長(左)と前社長の亀山千広氏/(C)共同通信社

 フジテレビは、先月28日放送の「とんねるずのみなさんのおかげでした30周年スペシャル」内で、またもや世間の批判を浴びた。番組初期の人気キャラクター、石橋貴明が扮する「保毛尾田保毛男」を登場させ、今では放送で自粛されている“ホモ”という言葉を連発。人気凋落の石橋には起死回生だった…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    6億円FAが補欠かも…巨人炭谷の正捕手を阻む小林の“鬼肩”

  2. 2

    安倍首相またウソ “自衛官の息子涙目”逸話には元ネタあり

  3. 3

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

  4. 4

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  5. 5

    夏の甲子園準Vの日本文理野球部で…窃盗事件もみ消し疑惑

  6. 6

    官邸文書申し入れ問題 記者イジメなぜ内閣記者会ダンマリ

  7. 7

    まるで残尿内閣…統計不正キーマン“チョロ出し”の時間稼ぎ

  8. 8

    日本初「事業再生支援会社」の着手案件が次々と破綻危機

  9. 9

    和田アキ子戦々恐々…カンニング竹山が「ご意見番」下剋上

  10. 10

    ゲレーロ濃厚も…巨人の“超大穴”左翼を他球団が密かに警戒

もっと見る