養老乃瀧の「牛丼」好評 王者・吉野家の牙城を崩せるか?

公開日: 更新日:

「吉野家並みにウマい」――ネット上で大好評なのが、このほど復活した居酒屋チェーン養老乃瀧の「養老牛丼」(税込み356円)だ。中高年には懐かしい味だろう。

 実は、養老グループは1977年から昼間は牛丼、夜は居酒屋のスタイルで営業。一時は牛丼専門店を出すほどの人気だったが、2000年代に失速。牛丼事業から撤退していたが、昨年11月の60周年記念で、牛丼を限定発売。その反響が大きく、復活したのだ。

 大手チェーンの並より丼は小さめながら、肉の量が多く満足感がある。記者は時々、飲んだ帰りに大手チェーンの並を食べて帰るが、翌朝の胃もたれがつらく、食べたことを後悔する。でも、このサイズならちょうどいい。「専門店ではないので飲んだシメに」という店の狙い通りだ。

 B級グルメ王・柳生九兵衛さんが言う。

「養老牛丼は、話題性としてはメディアに取り上げられるなど一定の効果はありましたが、本格参入は厳しいでしょう。撤退から十数年たち、牛丼を出していたことも忘れられているくらいで、わざわざ新規客が食べに行くか疑問です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻逮捕ならトドメ 自民で激化「安倍降ろし」の動き

  2. 2

    カタギに女房を寝取られたヤクザが逆上して襲撃する時代

  3. 3

    同志社大教授・浜矩子氏「越を脱して超に入って共生する」

  4. 4

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  5. 5

    狙い目はリネン 外出自粛明けの春服セールで買うべきもの

  6. 6

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  7. 7

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  8. 8

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  9. 9

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  10. 10

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

もっと見る