• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

吉呑みだけじゃない チェーン各社の「ちょい飲み」活用術

 本来の居酒屋ではない店で、仕事帰りに酒やつまみをたしなむことを「チョイ飲み」という。最近は牛丼屋や立ち食いそば屋だけでなく、いろいろな業種に広がり、本業とは別の特別メニューを用意してアピールする。どこもなかなか本格的だ。

 都内のチョイ飲みを回って実感したのは、立ち食いそば屋の充実ぶり。何より中年の胃袋にやさしい。

 たとえば、都内20店舗で営業する富士そばの「ふじ酒場」は、1杯280円、2杯目から200円の生ビールとハイボールで人気だが、お得度でいえば、西新宿や神保町に店を構える「嵯峨谷」の方が上。何とプレミアムモルツのジョッキが常時150円! 注文してから揚げる天ぷら類も100円と驚愕のコスパだ。

 野菜を食べるなら、よもだそばか。「山盛りもやしタヌキがけそば」を“ヌキ”で頼むと、ワンパック分のモヤシと揚げ玉につゆが注がれて140円。ビールは缶なので、1杯390円の八海山が正解か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る