• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

吉呑みだけじゃない チェーン各社の「ちょい飲み」活用術

 本来の居酒屋ではない店で、仕事帰りに酒やつまみをたしなむことを「チョイ飲み」という。最近は牛丼屋や立ち食いそば屋だけでなく、いろいろな業種に広がり、本業とは別の特別メニューを用意してアピールする。どこもなかなか本格的だ。

 都内のチョイ飲みを回って実感したのは、立ち食いそば屋の充実ぶり。何より中年の胃袋にやさしい。

 たとえば、都内20店舗で営業する富士そばの「ふじ酒場」は、1杯280円、2杯目から200円の生ビールとハイボールで人気だが、お得度でいえば、西新宿や神保町に店を構える「嵯峨谷」の方が上。何とプレミアムモルツのジョッキが常時150円! 注文してから揚げる天ぷら類も100円と驚愕のコスパだ。

 野菜を食べるなら、よもだそばか。「山盛りもやしタヌキがけそば」を“ヌキ”で頼むと、ワンパック分のモヤシと揚げ玉につゆが注がれて140円。ビールは缶なので、1杯390円の八海山が正解か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  5. 5

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  6. 6

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  7. 7

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  10. 10

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

もっと見る