吉呑みだけじゃない チェーン各社の「ちょい飲み」活用術

公開日:  更新日:

 本来の居酒屋ではない店で、仕事帰りに酒やつまみをたしなむことを「チョイ飲み」という。最近は牛丼屋や立ち食いそば屋だけでなく、いろいろな業種に広がり、本業とは別の特別メニューを用意してアピールする。どこもなかなか本格的だ。

 都内のチョイ飲みを回って実感したのは、立ち食いそば屋の充実ぶり。何より中年の胃袋にやさしい。

 たとえば、都内20店舗で営業する富士そばの「ふじ酒場」は、1杯280円、2杯目から200円の生ビールとハイボールで人気だが、お得度でいえば、西新宿や神保町に店を構える「嵯峨谷」の方が上。何とプレミアムモルツのジョッキが常時150円! 注文してから揚げる天ぷら類も100円と驚愕のコスパだ。

 野菜を食べるなら、よもだそばか。「山盛りもやしタヌキがけそば」を“ヌキ”で頼むと、ワンパック分のモヤシと揚げ玉につゆが注がれて140円。ビールは缶なので、1杯390円の八海山が正解か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る