肉フェスで157人食中毒 「屋外食イベント」こんなに危険

公開日:  更新日:

 5年前、不衛生なユッケによる食中毒で5人が死亡。しかし、業務上過失致死傷に問われた「焼肉酒家えびす」(廃業)の元社長らは嫌疑不十分で不起訴処分となった。つまり、自分の命は自分で守らなくてはいけない。最近、屋外の食イベントが花盛りだが、心して食べた方がいい。

 B級グルメブームなどもあって、炎天下の屋外で行われるイベントに参加した人は多いだろう。しかし、子どもが喜ぶ半面、食中毒の危険性も高まる。今年のGW期間中に行われた東京と福岡のフードイベント「肉フェス」でも食中毒が相次いだ。お台場のイベントでは49人、福岡の舞鶴公園では108人がカンピロバクター(細菌)による下痢や嘔吐を繰り返した。2つは同じ都内の業者による主催で、なんとも驚くことに保健所から指摘があった後もイベントを中止せず、販売を続けていた。このイベントは、中止が決まった一部を除き、これからも全国を行脚する予定だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    キスシーンが不評 “独身貴族”佐々木蔵之介のイタい私生活

もっと見る