「会議の最後に一言」タイプはプロジェクトから外される

公開日: 更新日:

 仕事をめぐる排除が大っぴらに行われるのは、プロジェクトを動かしているときだ。通常の業務は、みんながフル稼働しなければ回らないし、だれかを外す余裕はない。プロジェクトは違う。いわば任意のグループなので、プロジェクトマネジャーの意向次第で入れ替えが可能だ。ダメだと思われてしまったら、すぐに外される。

 一橋大学特任教授の西山昭彦氏(経営学)は、「外されるタイプの典型は、会議の基本ルールを知らない社員。最後の最後に発言する人ですね」と指摘する。

「2時間ぐらい話し合って、ようやく一定の方向が決まったとき、唐突に違う観点からの意見を言い出すのです。ポストや経験は関係なく、若手でもいますよ。なにも、自分をアピールしたいとか、知識をひけらかしたいとかいうのではない。よかれと思って発言するのです。善意だから余計にタチが悪い。こんなタイプが1人いると、まとまるものもまとまらない。マネジャーからは最も嫌われます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻逮捕ならトドメ 自民で激化「安倍降ろし」の動き

  2. 2

    カタギに女房を寝取られたヤクザが逆上して襲撃する時代

  3. 3

    同志社大教授・浜矩子氏「越を脱して超に入って共生する」

  4. 4

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  5. 5

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  6. 6

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  7. 7

    狙い目はリネン 外出自粛明けの春服セールで買うべきもの

  8. 8

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  9. 9

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  10. 10

    国民の怒り再燃 全戸配布で沸き起こる“アベノマスクの乱”

もっと見る