五木寛之 流されゆく日々

1932年福岡県生まれ。早稲田大学文学部ロシア文学科中退。66年「さらばモスクワ愚連隊」で小説現代新人賞、67年「蒼ざめた馬を見よ」で第56回直木賞。76年「青春の門 筑豊篇」ほかで吉川英治文学賞を受賞。2002年には菊池寛賞、10年NHK放送文化賞、毎日出版文化賞特別賞を受賞。本紙連載「流されゆく日々」は16年9月5日に連載10000回を迎え、ギネス記録を更新中。小説以外にも幅広い批評活動を続ける。代表作に「風に吹かれて」「戒厳令の夜」「風の王国」「大河の一滴」「TARIKI」「親鸞」(三部作)など。最新作に「新 青春の門 第九部 漂流篇」などがある。

連載10285回 「孤独のすすめ」補稿 <6>

公開日: 更新日:

(昨日のつづき)
 モノはしょせんモノに過ぎない。
 とはいうものの、そのモノにまつわる記憶は捨てがたい財産である。高齢者にとって絶対の資産は、はたして金銭だろうか。それとも不動産だろうか。
 年をとって貧しいことほど辛いことはない。しか…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻逮捕ならトドメ 自民で激化「安倍降ろし」の動き

  2. 2

    カタギに女房を寝取られたヤクザが逆上して襲撃する時代

  3. 3

    同志社大教授・浜矩子氏「越を脱して超に入って共生する」

  4. 4

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  5. 5

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  6. 6

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  7. 7

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  8. 8

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  9. 9

    狙い目はリネン 外出自粛明けの春服セールで買うべきもの

  10. 10

    国民の怒り再燃 全戸配布で沸き起こる“アベノマスクの乱”

もっと見る