五木寛之 流されゆく日々

1932年福岡県生まれ。早稲田大学文学部ロシア文学科中退。66年「さらばモスクワ愚連隊」で小説現代新人賞、67年「蒼ざめた馬を見よ」で第56回直木賞。76年「青春の門 筑豊篇」ほかで吉川英治文学賞を受賞。2002年には菊池寛賞、10年NHK放送文化賞、毎日出版文化賞特別賞を受賞。本紙連載「流されゆく日々」は16年9月5日に連載10000回を迎え、ギネス記録を更新中。小説以外にも幅広い批評活動を続ける。代表作に「風に吹かれて」「戒厳令の夜」「風の王国」「大河の一滴」「TARIKI」「親鸞」(三部作)など。最新作に「新 青春の門 第九部 漂流篇」などがある。

連載10289回 「マサカの時代」の行方 <1>

公開日: 更新日:

 東京の街を歩くたびに、なにか幻を見ているのではないか、と、ふと思うことがある。
 右を見ても、左を見ても、巨大なビルが次々と建設中なのだ。
 それも半端なビルではない。ガラスと軽金属張りの直線的なデザインのビルばかり。
 大企業が異常な…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  2. 2

    エ軍大谷が2回目の契約更改へ 投手全休で来季年俸いくら?

  3. 3

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  4. 4

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  5. 5

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  6. 6

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  7. 7

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  8. 8

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  9. 9

    ワークマン人気に群がるTV各局の安直な発想とそっくり演出

  10. 10

    日比谷高校の東大合格者数“復活”に尽力した3人の立役者

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る