• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

座間事件もSNSで接触 簡単に誘いに乗る若者の深層心理

 つらいからといって、あんな男にコンタクトを取らなくても……。座間の殺害事件では、被害者の中に女子高生3人が含まれていたことから、そんな声が上がっている。凶悪犯や不審者とも簡単に接触する恐れがあるSNSの使い方が疑問視されているのだ。

 内閣府の28年度調査によれば、未成年のスマホ利用率は中学生で51.7%、高校生で94.8%。デジタルアーツの調べでは、スマホを使う未成年のうちLINEの利用率は73.9%に上る。ツイッターは3人に1人だ。中高生にとって、SNSが身近な存在になっていることが見て取れるが、どんな感覚で使っているのか。

 子どもの孤立を防ぐため活動するNPO「PIECES」理事の荒井佑介氏に聞いた。

「SNSの特徴は、気軽に人とつながることができるのがひとつ。もうひとつは匿名で使うことで、普段の自分とは違う側面を見せることもできるということです。人との関係性が希薄になっている今、子どもたちは承認欲求が強く、関心を向けてくれる人を求めています。それが現実よりSNSの方が満たされやすい構造なのです。SNSに何か投稿すると、“いいね”やコメントといったアクションが返ってくる。そのやりとりで、承認欲求を満たす子どもが増えているのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  10. 10

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

もっと見る