• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“座間9遺体”の影響懸念も…ホラー映画「IT」の爆発ヒット

 座間で起きた前代未聞の猟奇的殺人。先月末の事件発覚以降、残忍かつ残虐な手口が報じられているが、一部映画関係者の間では「勝負の興行」に影響が出るのではと、危惧する声が上がっていたという。

 というのも、「この秋は話題のホラー作品が揃い踏み。ただ、座間の一件で各作品の公開が延期になるのではないか。公開にこぎつけても大コケするのではないかと懸念されていた」(前出のライター)。

 なかでも動向が注目されたのが、映画「IT/イット“それ”が見えたら、終わり。」(ワーナー・ブラザース映画配給)だ。ホラーの帝王、スティーブン・キングによる小説が原作で、米国では1990年にTVドラマシリーズ化されて人気を博したキラーコンテンツともいえる作品。89年という時代設定で殺人ピエロに立ち向かう少年たちが描かれている。

 実際、全米で爆発的なヒットを飛ばし、日本でも当初は全国20スクリーンでの上映を予定していたが、10倍の202スクリーンに強化した。そんな期待作「IT」には、幼児の腕を切断する描写があり、公開直前に発覚した座間の事件の影響が取り沙汰されていたというわけ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  9. 9

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る