座間事件に学ぶ ネットの無法地帯から娘を守る最後の方法

公開日: 更新日:

 座間のシリアルキラー白石隆浩容疑者(27)は「事前に遺体の解体方法をスマホで調べた」と供述しているというが、本当に調べられるのか。

 と思ったら、あるブログには“その方法”が事細かに記されていた。

 準備する道具として、「のこぎり」や「肉切り包丁」などに加えて「猫砂」を挙げ、さらに「風呂場で」「首と両腕を切断」「内臓を取り出し」「ごみ袋に小分け」……数年前に書かれたものだが、内容は座間の事件にそっくりだ。

 かくもネット上は無法地帯なのだが、内閣府の昨年度の調査によると、中学生の2人に1人、高校生の95%がスマホを所持。だから白石のようなド外道でも、ツイッターなどのSNSを駆使して若い女性と難なく接触できた。揚げ句に、15歳の女子高生まで惨殺……無法地帯の鬼畜から愛娘を守るには、もうスマホを取り上げるしかないという極論が、現実的とすら思えてくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    新庄は初任給で買ったグラブを引退まで使い続けた「これがダメになったら野球をやめる時」

    新庄は初任給で買ったグラブを引退まで使い続けた「これがダメになったら野球をやめる時」

  2. 2
    万引誤認でウォルマート訴え勝訴 米アラバマ州の女性がゲットした巨額賠償金はいくら?

    万引誤認でウォルマート訴え勝訴 米アラバマ州の女性がゲットした巨額賠償金はいくら?

  3. 3
    秋篠宮さま会見に英メディア「反発招いたのは眞子さんが初めて」と日本の価値観の古さ指摘

    秋篠宮さま会見に英メディア「反発招いたのは眞子さんが初めて」と日本の価値観の古さ指摘

  4. 4
    「日本沈没」の主人公たちのマヌケっぷりにだいぶ冷めてきました

    「日本沈没」の主人公たちのマヌケっぷりにだいぶ冷めてきました

  5. 5
    岸田首相のオトモダチだから? 石原伸晃氏の“失業対策”か…内閣官房参与に任命のナゼ

    岸田首相のオトモダチだから? 石原伸晃氏の“失業対策”か…内閣官房参与に任命のナゼ

もっと見る

  1. 6
    “日大のドン”が書き残した「田中メモ」の中身 スポーツ界・政界の面々はビクビク

    “日大のドン”が書き残した「田中メモ」の中身 スポーツ界・政界の面々はビクビク

  2. 7
    西武38歳「おかわりくん」中村剛也 “減額2年契約”で更改のカラクリ

    西武38歳「おかわりくん」中村剛也 “減額2年契約”で更改のカラクリ

  3. 8
    “ただの人”石原伸晃氏が内閣官房参与に 議員バッジなくてもウハウハな自民党のうまみ

    “ただの人”石原伸晃氏が内閣官房参与に 議員バッジなくてもウハウハな自民党のうまみ

  4. 9
    世界の相場急落で「ローリスク・ハイリターン」を狙う好機

    世界の相場急落で「ローリスク・ハイリターン」を狙う好機

  5. 10
    「いきなり!ステーキ」黒字化に水差す“予告なし値上げ”…客離れ加速で復活また遠のくか

    「いきなり!ステーキ」黒字化に水差す“予告なし値上げ”…客離れ加速で復活また遠のくか