座間事件に学ぶ ネットの無法地帯から娘を守る最後の方法

公開日:

 座間のシリアルキラー白石隆浩容疑者(27)は「事前に遺体の解体方法をスマホで調べた」と供述しているというが、本当に調べられるのか。

 と思ったら、あるブログには“その方法”が事細かに記されていた。

 準備する道具として、「のこぎり」や「肉切り包丁」などに加えて「猫砂」を挙げ、さらに「風呂場で」「首と両腕を切断」「内臓を取り出し」「ごみ袋に小分け」……数年前に書かれたものだが、内容は座間の事件にそっくりだ。

 かくもネット上は無法地帯なのだが、内閣府の昨年度の調査によると、中学生の2人に1人、高校生の95%がスマホを所持。だから白石のようなド外道でも、ツイッターなどのSNSを駆使して若い女性と難なく接触できた。揚げ句に、15歳の女子高生まで惨殺……無法地帯の鬼畜から愛娘を守るには、もうスマホを取り上げるしかないという極論が、現実的とすら思えてくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

もっと見る