各県が上位に “魅力度ランキング”関西エリアなぜ強い?

公開日:

 今年で12回目を迎えた「47都道府県魅力度ランキング」。トップ3は上から北海道、京都府、東京都など、このあたりが例年上位に並ぶ。対して、5年連続で全国最下位となった茨城県を筆頭に、45位の群馬県、43位の栃木県など、なぜか北関東は軒並み分が悪い。

 一方で、そんな下位グループに低迷する北関東の各県を尻目に、次々と上位にランクインしているのが関西エリアの府県だ。京都、奈良、大阪はベスト10入りし、兵庫も12位と健闘している。

 なぜ、関西は相対的に魅力度が高いのか。ブランド総合研究所の調査担当者は「魅力度の高さは“観光で行ってみたい地域かどうか”と相関関係にあります。観光資源の存在が広く認知されていて、そこに行ってみたいという意向が働くと、魅力度が高くなる傾向があります。関西エリアが高いというのは、それだけ旅行してみたい人が多いということでしょう」と分析する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る