日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

県民性の影響大 香川県民はなぜ“交通マナー最悪”なのか?

 日本一交通マナーがひどいのは香川県――。こんな調査結果が注目を浴びている。

 JAF(日本自動車連盟)が全国の6万5000人を対象に、自分が住んでいる都道府県の交通マナーについて質問。香川県民は「とても悪い」「悪い」の比率を足した数字が80%でワーストワンだった。以下、徳島(73.5%)、茨城(67.2%)の順だ。

 県民性に詳しい「ナンバーワン戦略研究所」代表の矢野新一氏が解説する。

「香川は交通事故率が日本一になったことから、県民は交通ルールに敏感なのです。だから他人の運転が気になる。事故が多いのは活動的で慎重さに欠ける気風が強いから。交差点で“前のクルマは減速せずまっすぐ進むだろう”と勝手に思い込むためドンとぶつかってしまうのです。隣接する徳島も同じ県民性。茨城は男はヤンキー、女はスケバンと言われるほどやんちゃな土地柄だから、運転が荒っぽくなったと思われます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事