ロシアで氷点下65度 ヒトはどこまで極寒に耐えられるか

公開日: 更新日:

「今年の冬は寒い」――。こんな声をよく聞くが、日本の寒さなんて実にかわいいものだ。今年はロシア極東やシベリア各地で、記録的な大寒波に見舞われている。東シベリアのサハ共和国では氷点下65度を記録。17日には、高速道路で車が故障したために歩いて移動した20代の男性2人が凍死した。当時の気温はおよそ氷点下50度だったという。

 そもそも人間はマイナス何度まで活動できるのか。医学博士の米山公啓氏に聞いた。

「外気温がどんなに低くても体内温度を35~36度に保てば人間は生きることができます。例えば宇宙空間はマイナス数百度になりますが、宇宙服によって体温を保つことができるために活動できます。しかし、体内の温度が31度くらいの低体温になるとエネルギーが作られなくなるため、筋肉が活動しなくなる。そうなると、心臓が動かなくなります。仮に裸で氷点下の環境にいれば数分で凍死するでしょうね。ロシアで凍死した2人もそれなりの防寒対策はしていたはずですが、それが効かないほど強烈な寒さだったのでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  2. 2

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  3. 3

    上沼恵美子は「そうそう」と笑顔の次の瞬間「黙っとれ!」

  4. 4

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  5. 5

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    小池知事が安倍政権にケンカ売る「Go To」狙い撃ちの計算

  8. 7

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  9. 8

    木下優樹菜 引退後の人生行路は波高し 事務所もサジ投げた

  10. 9

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  11. 10

    元ヤン木下優樹菜の更生を“全方位”で支える藤本の献身ぶり

もっと見る