【挽き肉豆腐】ラー油にワサビ 調味料次第で100通りの味

公開日:

中国料理壱龍釜(神奈川県・横浜市)

 豆腐のてっぺんをくりぬき、そこに炒めた挽き肉を入れる。ややしょっぱめの挽き肉が淡泊な豆腐とマッチし、なるほど、酒との相性は抜群だ。しかし、この料理のキモはそこではない。

「これは人によって、食べ方が何通りもあるんですよ」

 とは唐料理長。どういうことか。

「ラー油をちょっと垂らしてみてください」

 それまでは焼酎を合わせていたが、ラー油の風味になった途端、ビールが飲みたくなった。いや、他の酒でもいいかもしれない。

「ワサビも合いますよ」

 その言葉を聞くや、焼酎……日本酒も合うか? と、しばし考える。七味唐辛子もイケるのではないか?

「それもいいですね。つまり、調味料次第で好みの味付けができる。挽き肉ではなく、エビのすり身でもおいしい。幅広いでしょ?」

 笑顔の唐料理長に、さまざまな味付けが思い浮かぶ。マヨネーズは絶対に合うだろうし、挽き肉をカレー風味にしてみるのも面白いだろう。いやいや、味噌をのっけて、あえて塩味をきつくしたところで日本酒を……。想像すると止まらない。豆腐と挽き肉をいかに好みの味に仕上げるかは、あなた次第だ。

《材料》
・絹豆腐 1丁
・挽き肉 60グラム
・カツオの顆粒ダシ(8グラムのスティック) 1袋
・醤油 適量

《レシピ》
 顆粒ダシと醤油を合わせた調味料で挽き肉を炒める。食べやすい大きさに切った豆腐のてっぺんを少しくりぬき、調理した挽き肉を入れて完成。ダシと醤油のタレをかけるもよし、他の調味料で味付けをしてもよし。

今日の達人 唐子庭さん

▽とう・してい
 1947年、広東省珠海市出身。プリンスホテル系列で中華料理長を歴任し、91年にヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルの「中国料理 カリュウ」初代料理長に就任。世界屈指のチャイナタウン、横浜中華街を擁する横浜ならではのバリエーション豊富な料理が得意。

●壱龍釜
 日本における広東焼き物料理の第一人者、横尾博志氏がプロデュースし昨年12月に開店。横尾氏のレシピを基に作られた広東料理を中心にさまざまな本格中華が楽しめる。店名の由来となった世界に1つだけの特注釜は、焼き物の出来上がりが違うと評判。春雨を使った「麻辣湯(マーラータン)」は女性にも人気。
神奈川県横浜市南区浦舟町1―8
℡045・309・8286

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  9. 9

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  10. 10

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

もっと見る