• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

羽生&フェルナンデス親密関係が話題 “ブロマンス”の効能

 熱戦の幕を閉じた平昌五輪では同性愛公表の選手が相次いだ。

 フィギュアスケート団体金メダルのエリック・ラドフォード選手(33=カナダ)や、同銅メダルのアダム・リッポン選手(28=米国)らだ。

 LGBTへの偏見は薄まりつつあるとはいえ、世間的にはまだまだ受け入れられているとは言えない状況。それだけに公表に対し、賛辞の声が相次いでいる。

 米国の調査では、LGBTは全体の約3.5%。平昌五輪には過去最多2925選手が出場したため、米国の割合で見ても単純計算で100人のLGBT選手がいることになる。

 そのLGBTだが、過去の例を見ても圧倒的に目立つのが、フィギュアスケートの選手たち。2大会連続金メダルの羽生結弦選手(23)の周囲にもゲイと呼ばれる人たちは多い。コーチであるブライアン・オーサー氏(56)や振り付けを担当したジェフリー・バトル氏(35)らだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  7. 7

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  8. 8

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

  9. 9

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  10. 10

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

もっと見る