• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

引退後の浅田真央 TV局の争奪戦が起きないマイナス要因

 4月10日夜、自らのブログで突然、引退を表明した浅田真央(27)。フィギュア人気を牽引した国民的ヒロインの決断にメディアは大騒ぎとなったが、それを冷ややかに模様眺めしている連中も少なからずいた。こういうことがあると目の色を変えて口説きにかかるはずの民放テレビ局だ。

「来年2月に平昌五輪を控えての引退。当然のように、テレビ各局が『五輪キャスター 真央争奪戦勃発』と報じられましたけど、どうかな、と思って見てましたよ。実際、うちの幹部からは早々と『条件次第だな』と消極的な意向が伝えられましたから。実績、知名度、好感度で群を抜く存在なのは確かですが、アラサーになっても純真無垢な彼女の拙いしゃべりは、キャスターとしては説得力に欠けるという致命的なマイナスがある。引退してすぐじゃ、いくらなんでも荷が重いでしょう」(民放局スポーツ担当者)

 現役時代の関係からフジテレビ、テレビ朝日が「浅田キャスターの最有力候補」といわれたものの、どちらの局関係者も「うちはない」と言下に否定する。

 年末30日放送のテレビ番組で、同じく今年引退したゴルフの宮里藍(32)と対談した浅田は、スケートの練習を再開していることを明かし、「来年からショーをやろうと思っています」と語っているという。引退しても、居場所は氷の上だけ、ということか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  5. 5

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  6. 6

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  7. 7

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  8. 8

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

もっと見る