4回転アクセルは茨の道 羽生結弦に五輪連覇の“負の遺産”

公開日: 更新日:

 大会最終日の午前に行われたフィギュアスケートのエキシビション。全選手の最後に登場した羽生結弦(23)は、ひときわ大きな歓声で迎えられた。

 男子フィギュアでは66年ぶりとなる五輪連覇の快挙。日本のメディアは「絶対王者の完全復活」と大騒ぎしたが、昨年11月に負傷した「右足関節外側靱帯の損傷」は、復活劇の美談を彩るエピソードで済ませられるものではない。

「羽生の足首の靱帯損傷は、通常のネンザ以上に『癖』になる可能性が高く、本人も金メダル獲得の一夜明け会見で、『右足の負担は正直言って大きなものになる』と今後に向けた不安を吐露していた。実際、痛み止めを服用して演技に臨み、薬でごまかさなければ、ジャンプを跳べる状態でも降りられる状態でもなかった。喘息の持病がある羽生は体を強化するための激しいトレーニングを制限せざるを得ず、だからこれまで腰痛、右ヒザ痛、左足首負傷と故障が絶えなかった。無理をして果たした五輪連覇の代償は大きく、実際には関係者の誰もが『北京五輪での3連覇』に言及できない状態だと思う」(スポーツライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  7. 7

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  8. 8

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  9. 9

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  10. 10

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

もっと見る