4回転アクセルは茨の道 羽生結弦に五輪連覇の“負の遺産”

公開日:

 大会最終日の午前に行われたフィギュアスケートのエキシビション。全選手の最後に登場した羽生結弦(23)は、ひときわ大きな歓声で迎えられた。

 男子フィギュアでは66年ぶりとなる五輪連覇の快挙。日本のメディアは「絶対王者の完全復活」と大騒ぎしたが、昨年11月に負傷した「右足関節外側靱帯の損傷」は、復活劇の美談を彩るエピソードで済ませられるものではない。

「羽生の足首の靱帯損傷は、通常のネンザ以上に『癖』になる可能性が高く、本人も金メダル獲得の一夜明け会見で、『右足の負担は正直言って大きなものになる』と今後に向けた不安を吐露していた。実際、痛み止めを服用して演技に臨み、薬でごまかさなければ、ジャンプを跳べる状態でも降りられる状態でもなかった。喘息の持病がある羽生は体を強化するための激しいトレーニングを制限せざるを得ず、だからこれまで腰痛、右ヒザ痛、左足首負傷と故障が絶えなかった。無理をして果たした五輪連覇の代償は大きく、実際には関係者の誰もが『北京五輪での3連覇』に言及できない状態だと思う」(スポーツライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  10. 10

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

もっと見る