• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「街の魅力失われる」 東京駅の八重洲側再開発に憤りの声

 東京駅周辺で数多くの再開発が進行中だ。これまで丸の内側では、三菱地所が新丸ビル、丸の内オアゾ、日本郵政グループのJPタワーと超高層ビルの開発を進め、新たな人の流れをつくってきた。

 この丸の内側に比べ、高度利用が遅れていた八重洲側が再開発の進行で一変する。みずほ証券市場情報戦略部の石澤卓志上級研究員が言う。

「八重洲口の開発は、安倍政権の進める経済特別区域構想の国家プロジェクトエリアです。八重洲駅前は八重洲1丁目東、八重洲2丁目北、八重洲2丁目中の3地区で、すでに大規模な開発事業が進行中です」

 その1丁目東地区は、6~9番街区が主な対象で、小規模飲食店が多いエリア。約1.19ヘクタールの敷地に地上54階・地下4階、高さ約250メートルの超高層ビルを建設。地下には東京駅周辺に分散するバスターミナルを集約して5000平方メートルの大駐車場が整備される。2024年3月の完成を目指す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  5. 5

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  6. 6

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  7. 7

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  8. 8

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

  9. 9

    日朝首脳会談 「後退」観測の裏にプーチン大統領の横ヤリ

  10. 10

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

もっと見る