「街の魅力失われる」 東京駅の八重洲側再開発に憤りの声

公開日:

 東京駅周辺で数多くの再開発が進行中だ。これまで丸の内側では、三菱地所が新丸ビル、丸の内オアゾ、日本郵政グループのJPタワーと超高層ビルの開発を進め、新たな人の流れをつくってきた。

 この丸の内側に比べ、高度利用が遅れていた八重洲側が再開発の進行で一変する。みずほ証券市場情報戦略部の石澤卓志上級研究員が言う。

「八重洲口の開発は、安倍政権の進める経済特別区域構想の国家プロジェクトエリアです。八重洲駅前は八重洲1丁目東、八重洲2丁目北、八重洲2丁目中の3地区で、すでに大規模な開発事業が進行中です」

 その1丁目東地区は、6~9番街区が主な対象で、小規模飲食店が多いエリア。約1.19ヘクタールの敷地に地上54階・地下4階、高さ約250メートルの超高層ビルを建設。地下には東京駅周辺に分散するバスターミナルを集約して5000平方メートルの大駐車場が整備される。2024年3月の完成を目指す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  3. 3

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  4. 4

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  9. 9

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  10. 10

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

もっと見る