五木寛之 流されゆく日々

1932年福岡県生まれ。早稲田大学露文科中退。66年「さらばモスクワ愚連隊」で第6回小説現代新人賞、67年「蒼ざめた馬を見よ」で第56回直木賞。76年「青春の門 筑豊篇」ほかで第10回吉川英治文学賞を受賞。2002年には第50回菊池寛賞を受賞。NHKラジオ深夜便「歌の旅人」、BSフジ「五木寛之『風のcafe』」放送中。日刊ゲンダイ本紙連載「流されゆく日々」はギネス記録を更新中で、16年9月5日に連載10000回を迎えた。著書に「風の王国」「大河の一滴」「他力」ほか、「親鸞」三部作など多数。

連載10405回 老いと死を見つめて <4>

公開日: 更新日:

(昨日のつづき)
 高齢者の老いについて、西部邁の文章はこんなふうに続く。
<(前略)私も二十代の前半において、三年ばかり、結構な孤独を味わったことがあるが、それは自分であえて創りだした孤独の環境だった。つまりその孤独は自発的選択の結果であったので、ど…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  2. 2

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  3. 3

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  4. 4

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  5. 5

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  6. 6

    パCSファイナルで激突 西武とソフトBはFA戦線でも暗闘

  7. 7

    寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

  8. 8

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

  9. 9

    複数球団が熱視線 ソフトB福田がオフFA最大の目玉は本当か

  10. 10

    12球団OKと明言した大船渡・佐々木朗希の「意中の球団」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る