一緒に撮って長所を…“顔にあざ”犬のプロジェクトが話題

公開日: 更新日:

 顔に黒いあざがある犬の“プロジェクト”が共感を呼んでいる。

 米ニュースサイト「グッド・ニューズ・ネットワーク」(9日付)によると、米ネバダ州リノに住む女性弁護士ベロニカ・ピーターソンさんは、1歳になるゴールデンレトリバーを子犬の時に引き取り、「ジャッジ(裁判官)」と名付けて飼い始めた。

 ジャッジには鼻筋の部分に非常に目立つ黒いあざがある。それが、ベロニカさんがジャッジを引き取ることにした際の「決め手」だったという。

 ジャッジを連れて散歩しているとひんぱんに「ユニークなあざですね」「あざは生まれながらですか?」などと質問される。そのうち、ジャッジのあざに感想を言う人々に、「あなたのユニークな点はなんですか?」と質問したい気持ちが高まってきたという。

 そこでベロニカさんが昨年10月にインスタグラムで始めたのが、「The Remarkable Golden」というプロジェクト。ジャッジに興味を持った人とジャッジのツーショットを撮影し、その人に自分のユニークな点や長所を話してもらい、キャプションにそのコメントを書いて公開するのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  4. 4

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  5. 5

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  6. 6

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  7. 7

    コソコソ逃げる安倍首相は、なぜそんなに会見が嫌なのか?

  8. 8

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  9. 9

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  10. 10

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

もっと見る