一緒に撮って長所を…“顔にあざ”犬のプロジェクトが話題

公開日:

 顔に黒いあざがある犬の“プロジェクト”が共感を呼んでいる。

 米ニュースサイト「グッド・ニューズ・ネットワーク」(9日付)によると、米ネバダ州リノに住む女性弁護士ベロニカ・ピーターソンさんは、1歳になるゴールデンレトリバーを子犬の時に引き取り、「ジャッジ(裁判官)」と名付けて飼い始めた。

 ジャッジには鼻筋の部分に非常に目立つ黒いあざがある。それが、ベロニカさんがジャッジを引き取ることにした際の「決め手」だったという。

 ジャッジを連れて散歩しているとひんぱんに「ユニークなあざですね」「あざは生まれながらですか?」などと質問される。そのうち、ジャッジのあざに感想を言う人々に、「あなたのユニークな点はなんですか?」と質問したい気持ちが高まってきたという。

 そこでベロニカさんが昨年10月にインスタグラムで始めたのが、「The Remarkable Golden」というプロジェクト。ジャッジに興味を持った人とジャッジのツーショットを撮影し、その人に自分のユニークな点や長所を話してもらい、キャプションにそのコメントを書いて公開するのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る