悪運か強運か…ヘビ・クマ・サメに襲われた米国男性の職業

公開日: 更新日:

 ガラガラヘビ、アメリカクロクマ、イタチザメ――。4年間で3回も危険な動物に襲われながらも、いずれも“軽傷”で済んだ米国男性が注目を集めている。

 米コロラド州グランドジャンクション在住のディラン・マクウイリアムズさん(20)で、今月19日朝、ハワイ・カウアイ島南端でボディーボードを楽しんでいた時に突然、右脚ふくらはぎに鋭い、強烈な痛みを感じた。体長180センチほどのイタチザメに噛みつかれたのだ。

 幸いサメの攻撃は1回だけで、ディランさんは海岸まで何とか泳いでたどり着いた。右ふくらはぎはザックリと噛み裂かれていたが、7針縫うだけで済んだ。

 ディランさんが危険な動物に襲われたのは、実はこれが初めてではない。21日付の地元紙「ホノルル・スター・アドバタイザー」(電子版)に本人が語ったところによると、昨年7月にはコロラド州の原野でキャンプ中に寝ていた時、体重130キロほどのアメリカクロクマに襲われ、頭に噛みつかれた。クマの目を指で突くなどして、かろうして撃退に成功。後頭部を9針縫うケガで済んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    Cocomiデビューも炎上 キムタク参画ではじく静香の皮算用

  4. 4

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  5. 5

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  6. 6

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  7. 7

    コロナ対策批判され「辞めたるわ」大阪・守口市長が暴言

  8. 8

    「官邸官僚」の嘘と罪 ゲーム感覚で権力振るうモンスター

  9. 9

    阪神藤浪コロナ感染で球界激震…4.24開幕ありきの自業自得

  10. 10

    男子ゴルフツアーでクーデター 大量41人が青木体制に“NO”

もっと見る