猛暑は特に要注意 「遺品整理サービス」でトラブル急増中

公開日: 更新日:

 遺品整理サービスのトラブルが急増している。今年度、国民生活センターに寄せられた相談は31件で、昨年の同時期と比べて2倍だ。

「核家族化と高齢者の独居世帯の増加で遺品整理サービスの利用が増えています。大家族なら、家にある遺品について、皆で相談しながら処分できるのですが、ひとりでは勝手がわからず、業者にお願いするようです。ネットで気軽に業者を見つけられるのも増加の要因です」(国民生活センター相談情報部の担当者)

 相談は、高額な料金の請求や、処分しない予定の遺品が処分されるトラブルが多いという。

 さらに、気をつけなくてはならないのが、悪徳業者の買い取りサービス。押し売りならぬ押し買いは、遺品整理サービスの名目で訪問してくる悪徳業者もあるようだ。
<未開封で思い入れのある商品だったのに非常に安い買い取り金額を振り込まれた>

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  2. 2

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る