西日本豪雨の被災地で横行「点検商法」の悪質手口と対処法

公開日:

 西日本豪雨で被害に遭った家庭は、今も泥まみれになった自宅の後片付けに大忙しだ。

 全国から災害ボランティアの人たちが駆けつけてくれているが、災害時には悪質業者や詐欺師もゾロゾロと広島県や岡山県に遠征してくるもの。

 2年前の熊本地震では“点検商法”のリフォーム業者が熊本とその近県に大集結。被災地の人が「このままでは家屋が倒壊する」などと言われ、高額なリフォーム代を請求される事例が相次いだ。また市役所職員や公的団体を名乗って募金を集めに来るやからも現れた。真面目そうな青年に「災害支援のため塩を買ってくれ」「被災農家の出荷できない野菜を買ってください」と言われると、同じ被災地でも自宅が無事な家庭は断りにくい。

 点検商法で多いのは、屋根や屋根裏を無料で点検すると持ちかけ、「このままでは雨漏りする」などと言うパターン。豪雨の後だけに、全国的にも引っかかりやすい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る