• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

西日本豪雨の被災地で横行「点検商法」の悪質手口と対処法

 西日本豪雨で被害に遭った家庭は、今も泥まみれになった自宅の後片付けに大忙しだ。

 全国から災害ボランティアの人たちが駆けつけてくれているが、災害時には悪質業者や詐欺師もゾロゾロと広島県や岡山県に遠征してくるもの。

 2年前の熊本地震では“点検商法”のリフォーム業者が熊本とその近県に大集結。被災地の人が「このままでは家屋が倒壊する」などと言われ、高額なリフォーム代を請求される事例が相次いだ。また市役所職員や公的団体を名乗って募金を集めに来るやからも現れた。真面目そうな青年に「災害支援のため塩を買ってくれ」「被災農家の出荷できない野菜を買ってください」と言われると、同じ被災地でも自宅が無事な家庭は断りにくい。

 点検商法で多いのは、屋根や屋根裏を無料で点検すると持ちかけ、「このままでは雨漏りする」などと言うパターン。豪雨の後だけに、全国的にも引っかかりやすい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る