「塀の安全性検査」にも要注意 被災地を狙うサギ師の手口

公開日:  更新日:

「地震につけ込む詐欺に注意」――。大阪府警などが、こんな呼びかけを行っている。

 大阪北部地震の発生から4日が経過した。同府警はまだ詐欺に遭遇したという報告を受けていないが、今後、被害が発生する可能性は高い。

「災害後の詐欺は2段階に分類されます。まずは被災者の苦境につけ込んで屋根に張るブルーシートなどを法外な値段で売りつける手法。次は被災地以外の地域で『募金をお願いします』と嘘をついてお金をダマし取る手口です」(府警特殊詐欺対策室)

 東日本大震災や熊本地震ではリフォーム業者が修理を持ちかけて通常より高い料金を要求したり、「安全点検をします」と家をチェックし、数万円の点検料を請求する手口があった。「被災者には国から還付金が下りる」との電話を受けた老人が銀行に誘導されて、詐欺グループの口座にカネを振り込んだケースもあったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  6. 6

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    奇妙な縁が結んだ梅宮辰夫とロバート秋山の幸福な関係

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

もっと見る