• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「塀の安全性検査」にも要注意 被災地を狙うサギ師の手口

「地震につけ込む詐欺に注意」――。大阪府警などが、こんな呼びかけを行っている。

 大阪北部地震の発生から4日が経過した。同府警はまだ詐欺に遭遇したという報告を受けていないが、今後、被害が発生する可能性は高い。

「災害後の詐欺は2段階に分類されます。まずは被災者の苦境につけ込んで屋根に張るブルーシートなどを法外な値段で売りつける手法。次は被災地以外の地域で『募金をお願いします』と嘘をついてお金をダマし取る手口です」(府警特殊詐欺対策室)

 東日本大震災や熊本地震ではリフォーム業者が修理を持ちかけて通常より高い料金を要求したり、「安全点検をします」と家をチェックし、数万円の点検料を請求する手口があった。「被災者には国から還付金が下りる」との電話を受けた老人が銀行に誘導されて、詐欺グループの口座にカネを振り込んだケースもあったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  3. 3

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  4. 4

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  5. 5

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  6. 6

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  7. 7

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  8. 8

    ロッテは身売り否定も…ZOZO前澤氏が招く“球界再編”第2幕

  9. 9

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  10. 10

    「別に」から完全復活…沢尻エリカは豹変したか猫かぶりか

もっと見る